デジタルハリウッド大学院・デザインビジネス開発ラボ主催「2013年デジタル関連動向予測発表会」を開催

PR TIMES / 2013年1月28日 16時17分

デザインビジネスを切り口にした2013年の動向予測を発表する、デジタル関連動向予測発表会

デジタルハリウッド大学大学院「デザインビジネス開発ラボ」(南雲治嘉客員教授主催)は、研究活動の一環としてデザインビジネスを切り口にした2013年の動向予測を発表する、デジタル関連動向予測発表会を、1月30日(水)に開催します。
経済と社会が動き始めた今、「デジタル」から見た2013年はどうなるのか?その動向予測と、デジタルにおけるビジネスを考えるヒントを発表します。



 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の「デザインビジネス開発ラボ」(南雲治嘉客員教授主催)は、研究活動の一環としてデザインビジネスを切り口にした2013年の動向予測を発表する、デジタル関連動向予測発表会を、1月30日(水)に開催いたします。
 2012年末に政権が交替し、経済がようやく動き出しました。
 これまでも、IT業界においては活発な事業展開か行われて来ましたが、さらにデジタル業界は明らかに活況を呈します。人が動き、ものが動き、お金が動きます。その中心にITがあることは言うまでもありません。
 今回は、デジタルでのビジネスを研究する本大学院ならではの予測を立てました。

 デザインビジネス開発ラボでは、問題解決のためのデザインによる未来予測を常に心がけています。
 予測することは、目標達成による高い効果を期待することができます。商品開発や新規事業の立ち上げ、営業活動の活発化などに役立つヒントになります。

 今回は特にデジタル関連の動向に絞り予測を行いました。デジタルを軸にした時代の変化が見通せます。
これまでに、雑誌や商品企画に動向予測を反映させていただきました。(対象:マスコミ、商品企画担当者、新規事業立案担当者、学生、デザイナー、自治体)

 経済と社会が動き始めた今、「デジタル」から見た2013年はどうなるのか?その動向予測と、デジタルにおけるビジネスを考えるヒントを発表いたします。また、来場者の皆様には「2013年動向予測集」(小冊子)を配布いたします。


【開催概要】

■日 時:2013年1月30日(水)19:00~21:00(開場19:45)
■場 所:デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
     101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
     (アクセス)JR「秋葉原駅」電気街口徒歩1分
           日比谷線「秋葉原駅」徒歩5分
           銀座線 「末広町駅」徒歩5分
           つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩3分
■定 員:50名
■費 用:無料
■主 催:デジタルハリウッド大学大学院

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング