デザイン&アートのフェスティバル「DESIGNART TOKYO 2018」10/19(金)~28(日)、ワールド北青山ビルがメイン会場に

PR TIMES / 2018年9月21日 11時1分

スウェーデンとの外交関係樹立150 周年を記念し、「ヤング スウェディッシュ デザイン」展をSTRING(R)(ストリング)と開催

株式会社ワールドは、10月19日(金)から28日(日)までの10日間、東京の主要エリアを舞台に、デザインシーンの新たなムーブメントとして注目が高まるデザイン&アートのフェスティバル「DESIGNART TOKYO (デザイナート・トーキョー) 2018」のインフォメーションセンターも担うメイン会場のひとつとして、「ワールド北青山ビル」(東京都港区北青山3-5-10)において、アート展『Ung Svensk Form (Young Swedish Design/ヤング スウェディッシュ デザイン』を開催します。



 1998 年にスウェーデンで創設された『Ung Svensk Form』は、若手デザイナーと革新的なスウェーデンデザインの新たな発掘・育成を目的に、デザイン業界に従事する審査員たちによって選抜される新人デザイン賞で、今年、開催20 周年を迎えます。また、今年は日本・スウェーデン外交関係樹立150 周年にあたり、『Ung Svensk Form 2018』にとって初となる海外巡回展として開催し、ファッションから家具、テキスタイル、工芸まで、あらゆるジャンルの若手デザイナー29 人の作品を一堂に展示します。会場内にはワールドグループの(株)インターキューブが展開する上質なセレクトブランド「DRESSTERIOR(ドレステリア)」のこの秋のコレクションを、スウェーデンのシェルフブランド「STRING(R)(ストリング)」の住空間と共に展示し、芸術とデザインが日常に溶け込むスウェーデンの情景を描き出します。
 会場となる、「ワールド北青山ビル」エントランスは、大理石を使った自然光が入る開放的な空間で、若手デザイナーの作品1点1点にフォーカスさせながら、心地よくアートを体感頂ける空間を演出します。会場の様子は、前面ガラス張りのファサードを通して、青山通りを行き交う多くの人々の目に触れながら、デザインとアートを発信していきます。
[画像: https://prtimes.jp/i/2439/582/resize/d2439-582-958236-0.jpg ]

【開催概要】 Ung Svensk Form 2018 in collaboration with STRING(R)
(ヤング スウェディッシュ デザイン2018×ストリング コラボレーション)
■会期:2018年10月19日(金)~10月28日(日)
■会場:ワールド北青山ビル (東京都港区北青山3-5-10)
■開催時間:10:00~18:00  ※入場無料

ワールドグループの取り組みについて  http://corp.world.co.jp/
ワールドグループは、「ワールド北青山ビル」をランドマークとして、多くの人々に参画いただき、つながりあい、共感できるコミュニケーション文化を共に創り上げていく新たな価値創造に取り組んでいます。
業界に囚われることなく、他企業とのコラボレーション、学生や次世代のクリエーター、イノベーターの後押しとなるように、その時々のテーマを捉まえたイベントを企画し、情報を発信しています。ファッションが多様な価値を持ったライフスタイルへと広がり続けている時代に、ワールドグループの「価値創造」活動の一環として、情報発信力を高め、次の時代を担う様々な人たちとの双方向によるオープンでフラットな協業に取り組んでいきます。

STRING(R)について   http://www.string.se/
STRING(R)(ストリング)は、建築家ニルス・ストリニング(1917-2006)によって1949年にデザインされたスウェーデンのシェルフブランドです。
ストリング シェルフは北欧デザインのクラシックと位置づけられており、その洗練されたフォルムは今日でも新鮮な印象を保持しています。アイコンでもある階段状のサイドパネルがシェルフ類を支えるその仕組みにより、あらゆる用途や要望に応じて自由な組み合わせでお使いいただけます。2019年に生誕70周年を迎えるSTRING(R)のMade in Swedenのタイムレスなデザインは、デビューから70年近くを経た今日も世界中で愛され続けています。

Swedish Design Movesについて   http://swedishdesignmoves.com
建築、ファッション、家具を含むスウェーデンデザインへの国際的な意識を高めるためのプログラムです。スウェーデンデザインの輸出向上のみならず、デザインに興味のある人々のスウェーデン訪問者数を増やすことが目的です。高品質で新しく、創造性に富んだ革新的な若手デザイナーたちが生み出す作品をスウェーデンのデザイン遺産として、世界中のイベントやコミュニケーションを通して紹介しています。このプログラムはVisit Sweden(スウェーデン観光局)が率いており、スウェーデン政府の取り組みの一環です。
※ Swedish Design Moves Tokyoは日本・スウェーデン外交関係樹立150周年における全てのデザインイベントを主催しています。

DESIGNARTについて   http://designart.jp/
デザインとアートを横断する、感動を与えてくれるモノやコトを新たに定義した言葉で、その素晴らしさを発信、共有していくための活動そのものの名前です。“Emotions~感動の入り口~”をコンセプトに、世界中の感動をもたらしてくれるデザイン&アートなモノ・コトを提供していきます。昨年、その活動の初めての発表の場として、表参道・外苑前エリアを中心に72会場、約200組の展示やイベントが行われました。2回目となるDESIGNART TOKYO 2018(開催期間:2018年10月19日~10月28日)は、そのコンテンツをよりインターナショナルに、さらにパワーアップして、様々な文化が交差する東京の街を舞台に、大規模に開催致します。

協力:株式会社ワールドスペースソリューションズ
株式会社ワールドプロダクションパートナーズ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング