「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みが平成27年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました(ニュースレター)

PR TIMES / 2016年1月27日 16時5分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)とスリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、社長:三村浩一、以下「スリーエム ジャパン」)、三菱レイヨン株式会社のグループ会社である株式会社菱晃(本社:東京都中央区、社長:中村稔、以下「菱晃」)の3社による「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みが、一般財団法人 省エネルギーセンター主催の平成27年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。



●受賞した「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みについて
 今回受賞した取り組みは、大和ハウス工業が販売する「環境負荷ゼロ」を目指した次世代環境配慮型建築「D’s SMART」シリーズに導入・採用しています。
[画像: http://prtimes.jp/i/2296/585/resize/d2296-585-364614-0.jpg ]



[表1: http://prtimes.jp/data/corp/2296/table/585_1.jpg ]



[表2: http://prtimes.jp/data/corp/2296/table/585_2.jpg ]



■関連する「D’s SMART」シリーズのリリース
 ●環境配慮型オフィス「大和ハウス愛知北ビル」の実証実験を開始
   http://www.daiwahouse.co.jp/release/20111213181503.html

 ●「D’s SMART STORE(ディーズ スマート ストア)」の実証実験を開始
   http://www.daiwahouse.co.jp/release/20120507172417.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング