UKチャート初登場1位、2012年UK最大級新人「エミリー・サンデー」遂に日本盤リリース!「ヘヴン」はもちろんアリシア・キーズとの共作曲も収録

PR TIMES / 2012年4月26日 9時30分



過去にアデル、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ジェシーJ等が受賞したブリット・アワード「批評家賞」の今年度の受賞者であるエミリー・サンデー。彼女の声が持つ魅力、ソングライティング力、普遍的なサウンドが幅広い層に支持されています。2012年2月14日にリリースしたデビュー・アルバムは全英チャート初登場1位を記録。その後、9週間もの間にチャートのTOP5にロングチャートインし続けるという新人とは思えないチャート・アクションを見せる新人シンガー・ソング・ライター、今年一番の注目新人の国内盤が遂に2012年4月25日に発売されました。

このアルバムには日本の音楽チャンネル3局(MTV、スペースシャワーTV、MUSIC ON! TV)のパワープレイを独占し、全英シングル・チャート2位を記録したシングル曲「ヘヴン」はもちろん、同じく全英チャート2位を記録した「ネクスト・トゥ・ミー」、彼女がゲスト参加し全英1位を記録したプロフェッサー・グリーンのシングル「リード・オール・アバウト・イット」へのアンサー・ソング「リード・オール・アバウト・イット(パートIII)」、エミリーの才能にほれ込んだアリシア・キーズと共作した「ホープ」、そして日本盤にはボーナス・トラックとして3曲の追加収録されています。
ロンドン・オリンピックの関連コンサートOlympic Torch Relay concertsにて5月25日、6月8日に参加することも決定しています。

既にイギリスでは大人気となっているエミリーは、日本の次にはアメリカでのデビューが控えており、何度もアメリカを訪れプロモーション活動を行っています。4月20日には人気司会者のコナン・オブライエンが司会を務めるアメリカの人気番組『Conan』にアメリカでデビュー前にも関わらず異例の出演、「ネクスト・トゥ・ミー」のパフォーマンスを行い、アメリカでの初のテレビ出演を飾っています。この模様は現在番組公式サイトで公開されています。( http://teamcoco.com/video/emeli-sande-next-to-me

アメリカではショーケース・ライヴを何度か行っており、それを見たカルヴィン・ハリスは「彼女は最高だよ、本当に大好きだ」とツイートもしており、評判は着実に広がっているようです。6月5日にはアメリカにてデビュー・アルバムのリリースも決定、彼女の深みのあるソウルフルな歌声がアメリカでも受け入れられそうです。

■エミリー・サンデー デビュー・アルバム『エミリー・サンデー』(原題:OUR VERSION OF EVENTS)
2012年4月25日発売 / 日本盤のみ ボーナス・トラック 3曲収録 / 解説&対訳付
TOCP-71282 2,200円 (tax in)

収録曲
1. HEAVEN / ヘヴン
2. MY KIND OF LOVE / マイ・カインド・オブ・ラヴ
3. WHERE I SLEEP / ホエア・アイ・スリープ
4. MOUNTAINS / マウンテンズ
5. CLOWN / クラウン
6. DADDY feat. Naughty Boy / ダディー feat. ノーティー・ボーイ
7. MAYBE / メイビー
8. SUITCASE / スーツケース
9. BREAKING THE LAW / ブレイキング・ザ・ロー
10. NEXT TO ME / ネクスト・トゥ・ミー
11. RIVER / リヴァー
12. LIFETIME / ライフタイム
13. HOPE / ホープ
14. READ ALL ABOUT IT (PT.III) / リード・オール・アバウト・イット(パートIII)
15. TIGER / タイガー *
16. HEAVEN (Nu:Tone Remix) / ヘヴン(Nu:Tone リミックス)*
17. NEXT TO ME (Mojam Remix) / ネクスト・トゥ・ミー (Mojam リミックス)*
*日本盤ボーナス・トラック

■エミリー・サンデー 日本公式サイト
http://emij.jp/emeli/

【エミリー・サンデー(Emeli Sande)】
英・ヴァージン・レーベルのトップ・プライオリティー新人。昨年リリースしたデビュー・シングル「Heaven」がいきなり 全英シングル・チャート2位に輝き、俄然注目を集めるスコットランド出身の実力派R&B/ソウル・シンガー。 あの“2011年最もアルバムを売った”アデルも絶賛している実力派。パンクス風なルックスとはギャップはあれど、 ピアノを主体としたR&B/ブラック・テイストを得意とするアーティスト。ジョニ・ミッチェルやニナ・シモーンから多大な 影響を受け、ピアノを収録し、シンガーソングライターの道へ。エムシー・チップマンクの全英TOP 10シングル「Diamond Rings」にフィーチャーされたのをきっかけに多数の客演をこなすようになる。プロフェッサー・グリーンの全英1位シングル「Read All About It」にフィーチャーされているのも彼女で、ライターとしてもスーザン・ボイルやタイニー・ テンパー、レオナ・ルイスなどと言ったアーティストに楽曲提供している。
昨年末にはコールドプレイのアリーナ・ツアーの前座アクトとして同行。あのアデルやフローレンス&ザ・マシーン、ジェシー・Jなども受賞してブレイクへとつながった英・BRIT AWARDSの「Critic’s Choice」アワードをも受賞。そして2月にUKでリリースされたデビュー・アルバムは 初週にして全英アルバム・セールス・チャート1位を記録。今最も勢いと話題性がある女性シンガーソングライター。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング