PCモニターとして使いやすい大画面の28型サイズに 超高解像度4K、HDR10対応機種が登場 マルチユースモニター「CB281HKAbmiiprx」2019年6月6日(木)より発売開始

PR TIMES / 2019年6月4日 12時40分



[画像1: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-713202-0.jpg ]


リリース概要
● PCモニターとして使いやすい大画面28型サイズに超高画質4Kパネルを搭載
● 動きの激しいアクションシーンでも映像がぶれることなく、滑らかでクリアな映像を楽しめる
● 美しさをそのままに!4Kテレビ放送を楽しめる入力端子を搭載
● PIP/PBP機能で利用シーンに合わせて2画面同時表示が可能
● シーンに合わせてモニターの高さや角度を変えられるエルゴスタンド採用
● 目に優しいブルーライト軽減機能とフリッカーレス・テクノロジーを搭載し快適な視聴をサポート

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、超高解像度4K、HDR10対応の28型モニター「CB281HKAbmiiprx」を2019年6月6日(木)より発売致します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-823146-1.jpg ]

                    「CB281HKAbmiiprx」

PC モニターに最適な大画面28 型サイズに超高画質4K パネルを搭載
「CB281HKAbmiiprx」は、PC モニターとして使いやすい大画面28 型サイズのマルチユースモニターです。
液晶には、フルHD(1920 x 1080)の4 倍の高精細な映像を表示する4K パネルを採用。写真やイラスト、文字などをシャープで色鮮やかな映像で楽しめます。また、粗い画素を鮮やかな描画に補正するスーパーシャープネス・テクノロジーを搭載。通常、4K パネルで解像度の低い映像を表示すると画素が粗く、全体的にぼやけてしまいます。スーパーシャープネス・テクノロジーをオンにすることで画素を自動的に補正して自然で鮮明な映像を映し出します。
※OSD メニュー内で、オン/オフの切り替えが必要です。初期設定はオフになっています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-729827-2.jpg ]

          ※画像は「スーパーシャープネス・テクノロジー」のイメージです。

HDR10 に対応し、より実物に近い映像を再現
HDR10 に対応し、従来の映像に比べて、明るさの幅をより広く表現します。一般的な映像では日陰が黒つぶれしたり日なたが白飛びしたりしますが、HDR ありの映像では明るい部分と暗い部分どちらの階調もくっきりと、より実物に近い深みのある映像表示が可能になります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-215208-3.jpg ]

                     HDR あり HDR なし

動きの激しいアクションシーンでも映像がぶれることなく、滑らかでクリアな映像を楽しめる
高速の応答速度 1ms(GTG)対応のパネルにAMD FreeSync™テクノロジーを搭載。動きの速い映像を表示する際に起こるカクツキや残像感を最小限に抑え、ゲームや映画の動きの激しいアクションシーンもクリアで滑らかな映像が楽しめます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-134222-4.jpg ]

AMD FreeSync™ 非対応 AMD FreeSync™ 対応

美しさをそのままに!4K テレビ放送を楽しめる入力端子を搭載
4K テレビ放送対応機器との接続に必要なHDCP2.2 対応のHDMI2.0 端子を搭載。4K テレビ放送対応チューナーと接続すれば、4K 解像度の美しさをそのままにテレビ視聴を楽しむことができます。
※4K テレビ放送を視聴するには、別途4K 対応テレビチューナーが必要です。
※本製品にHDMI2.0 対応ケーブルは付属しておりません。

PIP/PBP 機能で利用シーンに合わせて2 画面同時表示が可能
同時表示機能搭載で、2 つの画面を1 台のモニター画面に表示することができます。例えば、家庭用ゲーム機とPC をPIP 機能で同時に表示することで、サブ画面表示でWeb サイトの攻略情報を見ながらのゲームプレイが可能です。他にも、PBP 機能で2 つの資料を並べながらの作業等、あらゆる利用シーンに合わせた活用ができます。
■ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)
 メイン画面内にサブ画面を表示します。サブ画面の表示位置、サイズを選択できます。
■ピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)
 画面を左右均等に分けて、2 画面を並べて表示します。
[画像6: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-186140-5.jpg ]

ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP) ピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)

シーンに合わせてモニターの高さや角度を変えられるエルゴスタンド採用
表示するものに合わせて高さや角度を調整できるエルゴスタンドを採用。画面を90 度回転できるピボット機能は、縦長にモニターを使うことができるのでWeb サイトの閲覧や文書作成ソフトでのレポート作成、Web ページ作成のためのコード入力等に便利です。また、最大150 mmの高さ調整機能、上下の角度を変更できるチルト機能により、使用環境に合わせてお好みのスタイルで、体に負担をかけることなく作業できます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-502755-6.jpg ]


目に優しいフリッカーレス・テクノロジーとブルーライト軽減機能を搭載し快適な視聴をサポート
液晶ディスプレイはLED バックライトの輝度レベルを調整するためにLED 自体を高速に点滅(フリッカー)させています。フリッカーは画面のちらつきを感じたり、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われています。本製品はフリッカーレス・テクノロジーの搭載により、フリッカー現象を抑制します。また、ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大
幅に抑えることができます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/640/587/resize/d640-587-505292-7.jpg ]


リリースページ
https://acerjapan.com/news/2019/514566
製品ページURL
https://acerjapan.com/monitor/4kwqhd/cb1/CB281HKAbmiiprx

Acerについて
1976年の創業以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。Acerは世界トップ5のPCカンパニーとして、現在、全世界で7,000人の従業員を数え、160以上の国と地域で展開しています。
詳細はwww.acer-group.com (英語版)をご覧ください。

日本エイサー株式会社について
社名 :日本エイサー株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者:代表取締役社長 ボブ・セン
URL : https://acerjapan.com
公式facebook: https://www.facebook.com/AcerJapan
公式Twitter : https://www.twitter.com/AcerJapan
公式Instagram: https://www.instagram.com/acer_japan/
公式YouTube: https://www.youtube.com/user/AcerJapanChannel

(C) 2019 Acer Inc. All rights reserved. Acer とAcer ロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。

(C) 2019 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc.
Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the
property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may
not be available through all sales channels.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング