「天使の歌声」ウィーン少年合唱団、26回目となる来日公演開始!最新ベストも発売!

PR TIMES / 2012年5月1日 20時21分



設立から500年以上の歴史を誇る世界で最も有名な少年合唱団のウィーン少年合唱団が2年ぶり26回目となる来日公演が2012年4月28日より全国34公演で開催中です(クローズド公演含む)。
ウィーンの音楽大使として世界各地でツアーを行うウィーン少年合唱団は10歳から14歳まで約100名の少年が所属している合唱団。団は4つのグループに分かれており、今回の来日では「シューベルト組」の25名が来日しました。この組のメンバーの中には日本人メンバーのケンシ君も含まれており、彼にとっての凱旋公演ことも話題となっています。
昨年は震災の影響で来日が見送られましたが、ウィーンにて史上初の全4グループ合同演奏による東日本大震災復興のためのチャリティ公演を行い、日本でも多くのテレビやマスコミに取り上げられました。

4月26日(木)には公演に先立って、都内で記者会見も行われ、3曲の歌が披露され、来日公演でも歌われる滝廉太郎の「花」では、日本人メンバーのケンシ君がヴァイオリンを披露し、会場は天使の歌声での癒しにつつまれました。

4月25日には最新ベスト・アルバム『天使の歌声 最新ベスト2012』も発売。このベスト盤は来日公演でも歌われる定番の「皇帝円舞曲」、「ウィーンの森の物語」、「美しく青きドナウ」などの他、「赤とんぼ」、「夕焼小焼」など日本人の心にしみる日本の歌などを収録!来日公演プログラムの内容に合わせた最新ベスト盤となっています。また、震災後に「日本のための歌」として録音された「エレンの歌 第二」も収録されています。この楽曲について彼らは「この歌は一種の子守歌で悲しみを和らげ、苦痛を慰め、心配ごとをとりのぞき疲れた人に休息を与える歌です」(ウィーン少年合唱団)とコメントを残しています。

■ウィーン少年合唱団 EMIミュージック・アーティストページ(楽曲試聴あり)
http://www.emimusic.jp/artist/wien/

■来日公演情報詳細:ウィーン少年合唱団 2012年公演 - ジャパン・アーツ
http://japanarts.co.jp/html/2012/chorus/wsk/index.htm

【リリース情報】
ウィーン少年合唱団 『天使の歌声 最新ベスト2012』
発売日 : 2012/04/25 商品番号 : TOCE-90221
価格:¥2,800(税込)HQCD(高音質CD)
収録内容
01. シューベルト:エレンの歌 第二 “狩人よ、憩え”
02. J.シュトラウスII:皇帝円舞曲
03. J.シュトラウスII:美しく青きドナウ
04. J.シュトラウスII:トリッチ・トラッチ・ポルカ
05. ヴェルナー:野ばら
06. パーセル:来たれ、汝ら芸術の子よ
07. コダーイ:夕べの歌
08. J.シュトラウスII:ハンガリー万歳
09. ジーツィンスキー:ウィーン、わが夢の街
10. レハール:金と銀
11. J.シュトラウスII:ウィーンの森の物語
12. バッハ/グノー:アヴェ・マリア
13. ブラームス:子守歌
14. メンデルスゾーン:歌の翼に 作品34-2
15. 草川信:夕焼小焼
16. 山田耕筰:赤とんぼ
17. 山田耕筰:この道
18. 日本古謡:さくら、さくら
19. 滝廉太郎:花
20. 岡野貞一:故郷


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング