デジタルハリウッド大学×NTTグループとの産学共同研究となる“NTTデジタルコンテンツ研究プロジェクト“を実施

PR TIMES / 2013年2月20日 15時41分

「Fan+(ファンプラス)」上で学部生と院生が企画・制作したコンテンツショップを開設しオリジナルコンテンツの販売・配信をスタート

デジタルハリウッド大学大学院では、NTTプライム・スクウェアが運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」との産学連携共同研究プロジェクト「NTTデジタルコンテンツ研究プロジェクト」を実施しました。
今回の産学共同プロジェクトは、より実践的な課題解決に対応できる人材を育成することを目的に、NTTグループとともに産学連携企画を進行。
本企画の第一歩として、NTT プライム・スクウェアが運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」上で、学部生および院生が企画・制作したコンテンツショップを開設し、オリジナルコンテンツの販売・配信をスタートします。




 ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学大学院では、NTTプライム・スクウェア株式会社が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」との産学連携共同研究プロジェクト「NTTデジタルコンテンツ研究プロジェクト」を実施いたしました。

 今回の共同研究プロジェクトは、本学の教育研究の特徴の一つである、産学連携の取り組みとして、産業界におけるさまざまな先進事例や課題を、教育に取り込むことにより、より実践的な課題解決に対応できる人材を育成することを目的に、NTTグループとともに産学連携企画を進めて参りました。

 その企画の第一歩として、NTT プライム・スクウェア株式会社が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」上で、学部生および院生が企画・制作したコンテンツショップを開設し、オリジナルコンテンツの販売・配信をいたします。

 これらのコンテンツショップは、NTTグループとデジタルハリウッド大学大学院が共同で推進してきた「NTTデジタルコンテンツ研究プロジェクト」による成果であり、参加学生が“電子書籍の一歩先を行く”新たなコンテンツ制作にチャレンジした発表の場となります。

 デジタルハリウッド大学は、今後も国境を越え世界を渡り合えるマインドを育てる環境を学生に提供し、21世紀社会に貢献する人材育成に注力してまいります。


「Fan+(ファンプラス)」特集ページはこちら
http://fanplus.jp/feature/digital_contents

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング