1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アンケートから分析した!歯周病に影響する行動・要因ランキング

PR TIMES / 2021年12月24日 19時15分

ホワイトニングノート・歯周病についての調査

審美歯科に関するおすすめ情報を発信するメディア 「Whitening Note (ホワイトニングノート)」(運営会社:株式会社NEXER)は、「歯周病」に関する調査を実施し、その結果をサイト内にて公開しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-4be5690fa24d8bbaa554-0.png ]


<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ホワイトニングノートによる調査」である旨の記載
・「ホワイトニングノート」の該当記事( https://trend-research.jp/whiteningnote/periodontal/)のリンク設置

<歯周病に関するアンケート>
調査日:2021年10月21日~10月31日
集計対象:男女2251人
調査機関:アンケートサイト「ボイスノート」

●アンケートについて
現在の歯周病の有無と、歯周病に関連しそうな行動や要因についてアンケート調査をおこない、アンケートから得られた2251人のデータを基に、歯周病に影響している行動・要因について相関分析をおこないました。

下記の質問をおこない、歯周病に影響している行動・要因をランキング形式で紹介します。
ランキングはExcelの「CORREL関数」を利用して相関係数を算出し、百分率を相関スコア(最小-100、最大100)として順位付けをおこないます。

<相関スコアの目安>
0以下(マイナス):逆相関がある
0~20:ほとんど相関がない
20~40:弱い相関がある
40~70:相関がある
70~100:強い相関がある


[表: https://prtimes.jp/data/corp/44800/table/599_1_e457f2e98240a4393389350fe4e7b312.jpg ]


※このランキングはアンケートによる統計的な分析を基にしたものであり、医学的根拠に基づくものではございません。



事前調査(歯周病の有無の調査)

質問:歯周病と診断を受けたことがありますか?

[画像2: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-bab4762643cdd76d7dac-1.png ]

歯周病と診断を受けたことがある人は全体の約31.4%、診断を受けたことはないが自分で歯周病かもしれないと感じている人は全体の約25.9%、診断を受けたことなく自分でも歯周病と感じない人は全体の約42.7%という結果になりました。

上記の結果を基にアンケートを実施し、歯周病の人が比較的頻繁におこなっていて、歯周病ではない人があまりおこなっていない行動・要因を調査します。


歯周病発生に影響を与える行動・要因ランキング

第1位 やわらかいものを好んで食べている(相関スコア36.8)

[画像3: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-aa3bc1798804b625724b-2.png ]

歯周病発生に影響を与える行動・要因ランキング第1位は「やわらかいものを好んで食べている」でした。

歯周病の原因は歯垢や歯石によるものですが、固いものを噛むことで、歯のまわりの汚れも一緒に取り除いてくれます。

一方で、やわらかいものばかり食べていると、あまり噛まずに飲み込んでしまうので、咀嚼による自浄作用が働かず、歯と歯の間に食べカスなどが残ってしまい、歯垢や歯石発生の原因になってしまいます。


第2位 歯並びの悪さ(相関スコア25.1)

[画像4: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-df51068d5414e9e6e0ca-3.png ]

歯周病発生に影響を与える行動・要因ランキング第2位は「歯並びの悪さ」でした。

歯垢は食べカスに含まれている糖分に、口の中の細菌が集まることで作り出されます。

歯並びが悪いと、歯の間に食べ物が詰まってしまいやすく、また歯ブラシの毛先が届きにくいため汚れが残り、歯垢の原因となってしまいます。


第3位 寝る前に歯磨きをし忘れてしまう頻度の高さ(相関スコア24.3)

[画像5: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-75ed20759f7b48612ac6-4.png ]


歯周病発生に影響を与える行動・要因ランキング第3位は「寝る前に歯磨きをし忘れてしまう頻度の高さ」でした。

唾液には、歯周病の原因となる細菌の活動を抑制してくれる働きがありますが、寝ている時は唾液の分泌量が低くなります。

寝る前に歯磨きを忘れてしまうと、細菌が活発になり、歯周病が進行してしまいます。

第4位 ストレスを感じる頻度の高さ(相関スコア22.6)

[画像6: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-0177a23abc3cb8cd5744-5.png ]

歯周病発生に影響を与える行動・要因ランキング第4位は「ストレスを感じる頻度の高さ」でした。

ストレスを感じると、ストレスホルモンの一種の「ノルアドレナリン」が分泌されます。ノルアドレナリンは歯周病菌の病原毒素の発現を促進してしまいます。

第5位 甘いものを食べる頻度の高さ(相関スコア21.1)

[画像7: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-5bcc38b289cb83d0c169-6.png ]

歯周病発生に影響を与える行動・要因ランキング第5位は「甘いものを食べる頻度の高さ」でした。

歯周病菌の繁殖は砂糖によって活発化するので、歯周病の進行を早めてしまいます。


まとめ

歯周病発生に影響を与える行動・要因の相関スコアは以下のようになりました。

[画像8: https://prtimes.jp/i/44800/599/resize/d44800-599-028768acddada93c8d63-7.png ]


第1位の「やわらかいものを好んで食べている」でも、相関スコア36.8と、一つ一つの行動・要因は弱い相関に留まりましたが、これらの行動・要因が重なれば歯周病発生リスクは高まります。

現在歯周病ではない人も、将来的に歯周病にならないように、これらの行動・要因をできるだけ減らしていくと良いでしょう。

今回のアンケート結果は以下のページで公開しています。
https://trend-research.jp/whiteningnote/periodontal/


【ホワイトニングノートについて】
『Whitening Note(ホワイトニングノート)』は、全国のホワイトニングサロン・歯科に関するおすすめ情報やお役立ち情報を発信するメディアサイトです。歯を美しく保つためにおすすめのサロンや歯科医院を探しているあなたのお手伝いをします。
URL: https://trend-research.jp/whiteningnote/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL: https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください