「ニュース英語」攻略で、君の耳にブレークスルーを起こせ!『ENGLISH JOURNAL』2014年9月号、8月6日発売

PR TIMES / 2014年8月5日 9時47分

特集は「同時通訳者直伝 脱モヤモヤ! 本当にわかるニュース英語」

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)より、CD付き英語学習月刊誌『ENGLISH JOURNAL(イングリッシュ・ジャーナル)』(以下、EJ) 2014年9月号のご案内を申し上げます。



▼特集
同時通訳者直伝 脱モヤモヤ!
本当にわかるニュース英語

<もう怖くない、ニュース英語>
何を言っているのかわからないまま、英語の音声は流れてゆく……。生の英語ニュースは情報の嵐。すべてを確実に理解していくためには、量をこなす「多聴」はもちろんのこと、入念な「精聴」のトレーニングが欠かせません。効果的な精聴で、隅々まではっきり聞き取れる、上級のリスニング力を手に入れましょう!
執筆:柴原智幸(神田外国語大学専任講師、NHK放送通訳者、ラジオ講座講師)

▼EJ Interview
●ジュリア・ロバーツ(女優)&メリル・ストリープ(女優)


本音でぶつかり合った家族の行方を克明に描いた映画『8月の家族たち』。過去にトラウマを抱えた母親役のメリル・ストリープ、三姉妹の長女役のジュリア・ロバーツが、本作で見せた迫力ある演技の秘密について明かします。素晴らしい共演者との心温まるエピソードもお聞き逃しなく。

●スーザン・ショルティ(北朝鮮人権問題活動家)
アメリカの人権活動家スーザン・ショルティは、非営利組織ディフェンス・フォーラム財団代表として、各地の深刻な人権侵害問題を解決しようと世界に呼び掛けています。今春ソウルで開催された人権イベント「北朝鮮自由週間」の現地取材で、彼女が熱く語った、当財団の活動や知られざる北朝鮮の現状についてお聞きください。

●ロジャー・パルバース(『驚くべき日本語』著者)
1967年の来日以来、半世紀を日本で過ごし、日本文化に精通するロジャー・パルバース。英語、日本語、ロシア語、ポーランド語の4カ国語を操る彼は、日本語の持つ柔軟性と効率性は「世界共通語」になり得る特性だといいます。「曖昧で難しい」という日本語のイメージをひっくり返すユニークな切り口に、新鮮な感動の連続です。


▼特別企画1
名文学でスピーキング力を鍛える!
声に出して味わう『赤毛のアン』

▼特別企画2
二人の「アメリカ・マニア」が知の対決!
町山智浩×越智道雄 対談 PART 2[前編]

▼特別企画3
語学を生かす仕事シリーズ1
翻訳者・通訳者になる!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング