英語教材辛口ランキング英会話部門第1位に『1000時間ヒアリングマラソン』

PR TIMES / 2014年10月1日 12時4分

ムック「英語教材最強の1冊」(晋遊舎)内で昨年度に続き選出

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)は、「英語教材辛口ランキング」英会話部門にて、通信講座『1000時間ヒアリングマラソン』が昨年度に続き第1位に選出されたことをご報告します。



「英語教材辛口ランキング」は、株式会社晋遊舎(東京都千代田区神保町 代表取締役社長:西尾 崇彦)が発行する英語学習関連ムック『英語教材最強の1冊』内で発表された英語教材のランキングで、英会話学校講師、TOEIC高得点者、翻訳者、英語書籍編集者等、英語とTOEIC(R)テストのプロ156人が「英語」(読み書き)「英会話」(話す聞く)「TOEIC(R)」の主要3部門について、「今、買うべきベスト教材」を決定するものです。

ランキングは「英語」「英会話」部門は50位、「TOEIC(R)」部門は30位まで発表されており、『1000時間ヒアリングマラソン』は英会話部門で昨年度に続き第1位に選出されました。「聞き続けられる定番通信講座」として、「音声教材の中でも元祖的な存在だが、最新の時事トピックを織り込むなど、全く色あせない構成が高く評価された」「サポート体制も素晴らしく、続けさせるための工夫にアルクの企業努力を感じる」などが受賞理由として紹介されました。


『1000時間ヒアリングマラソン』は、今年で開講32年目を迎えるアルクの人気ナンバーワン通信講座で、毎月、旬の素材で英語を学べる点が英語中・上級者を中心に支持されています。


アルクの他のサービスの受賞は以下の通り。

書籍『TOEIC(R)テスト究極の模試600問』(TOEIC(R)部門2位)、書籍『3週間で攻略TOEIC(R)テスト900点!』(同5位)、書籍『TOEIC(R)テスト究極のゼミPart7』(同9位)、書籍『TOEIC(R)テスト究極のゼミPart5&6』(同11位)、書籍『TOEIC(R)テスト究極のゼミPart3&4』(同15位)、書籍『TOEIC(R)テスト基本例文700選』(同19位)、書籍『2カ月で攻略TOEIC(R)テスト900点!』(同19位)、iPhoneアプリ『英語絵日記ドリル』(英語部門20位)、月刊誌『ENGLISH JOURNAL』(同34位)、書籍『AFN/VOAニュースフラッシュ2012年度版』(英会話部門29位)、通信講座『コエダスMyET』(同33位)、書籍『日本人は英語のここが聞き取れない』(同50位)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング