東日本大震災を描いた『ストーリー311 あれから3年』 出版記念トークイベントをレポート!

PR TIMES / 2014年3月28日 18時37分

角川書店 ブランドカンパニー

『ストーリー311 あれから3年』の発売を記念して、3月15日にトークイベントが開催された。トークイベントには執筆マンガ家のひうらさとる先生、うめ(小沢高広先生、妹尾朝子先生)先生、さちみりほ先生、新條まゆ先生、葉月京先生、松田奈緒子先生が登場。トークイベント終了後には、ライブペインティングやサイン会も実施。サイン会にはおおや和美先生、ななじ眺先生、樋口橘先生も参加し、とても充実したイベントとなった。



 


 3月15日『ストーリー311 あれから3年』の発売を記念して、トークイベントが行われました。「ストーリー311」はひうらさとる先生を発起人としたマンガ家有志11組が東日本大震災を取材し、現地で生まれたさまざまなエピソードを漫画で語り継ぐプロジェクトです。今回、その単行本の第2弾にあたる『ストーリー311 あれから3年』の発売を記念して、3月15日に発行元のKADOKAWA・角川第1本社ビルにて、トークイベントが行われました。
 トークイベントにはひうらさとる先生はじめ、うめ(原作担当:小沢高広先生、作画担当:妹尾朝子先生)先生、さちみりほ先生、新條まゆ先生、葉月京先生、松田奈緒子先生が参加されました。

 イベントは発起人のひうらさとる先生の挨拶からスタート。「ストーリー311」プロジェクトが生まれたきっかけや第2弾を刊行するためのクラウドファンディングの立ち上げ、出版経緯などが語られました。ひうら先生のご挨拶の後、先生方の希望でトークイベントの前に、現地で復興活動を続けている方にお話をいただきたいと、松田奈緒子先生の作品にも登場しているボランティア団体TSUNAGARI(つながり)代表 勝又三成(かつまたみつなり)さんが会場に駆けつけてくださり、現地の様子を語ってくださいました。
 勝又さんからは震災当日の様子や震災後、食糧などを避難所に運ぶために、山形県や新潟県まで調達に行ったこと、ボランティア活動を通じて現在拠点として活動されている歌津海浜地区の方々との出逢いや、ダイバーとしての経験をいかし漁場(ぎょば)のガレキ撤去を続けていること、そして約50人の地元の小中高生と歌津海浜地区の清掃を始め、全国から来たボランティアの方々と力を合わせて、昨年、長須賀海水浴場の一部をオープンさせたことなどが語られました。約20分にわたる勝又さんの「語り部」トークの後、松田奈緒子先生から「今でも子どもたちは外で遊べず、家と学校をバスで往復している生活なのですか」という質問があり、「ガレキや復興事業のダンプや作業車が通っているので、外では遊べません。だから、子どもたちの遊び場としても長須賀海水浴場のスペースを、もとのようにもっともっと広げていきたい」という現在の状況も語ってくれました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング