1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

写真撮影時にSNS投稿を意識する派が72.3%!自撮りやファッションに関心/撮影枚数1日0枚は3.7%、画像保存枚数は平均2974枚/初の音楽購入は79.5%がCD、現在の入手方法第1位は音楽アプリ

PR TIMES / 2015年10月29日 11時51分

女子高生・女子大生※を対象とした「スマートフォンと娯楽に関する意識調査」

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS’TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2015年9月に「スマートフォンと娯楽に関する意識調査」を実施しました(サンプル数:297)。調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」の会員の女子高生・女子大生※です。調査結果を以下のとおり発表いたします。




◆TREND1. 写真撮影時にSNS投稿を意識する派が72.3%!自撮りやファッションに関心

[画像1: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-950392-2.jpg ]



 写真を撮る時にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を意識するかどうかについて調査しました。「必ず意識する」が21.5%、「時々意識している」が50.8%となり、SNS投稿を意識する派の割合が72.3%にものぼりました。TwitterやInstagramが女子高生・女子大生の間で普及していることから、公開や共有が撮影目的として定着しつつあるようです。
 また、被写体種別を先述の意識度合い別に分析したところ、いずれも「友達」を最も撮影していることが分かりました。さらに、SNS投稿を意識する派は「自分」や「ファッション・ネイル」を被写体とする率が高い結果に。自撮り(セルフィー)が流行していることもあり、撮影した写真を他者に見られることへの抵抗感が薄れてきているのかもしれません。その他にも「食べ物・料理」「家族」など様々な被写体の活用度が高いことから、SNSへの意識度合いが強い方が被写体のバリエーションが豊かになるという傾向にあるようです。
[画像2: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-362986-4.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-322032-5.jpg ]



◆TREND2. 撮影枚数「1日0枚」はわずか3.7%、画像保存枚数は平均2,974枚
 1日に携帯電話やスマートフォンで撮影する写真の枚数について調査したところ、「0枚」と回答した割合は3.7%でした。写真のデジタル化や、いつでも写真撮影や画像編集ができる環境、そしてSNSの普及による撮影動機の増加といったことが起因しているようです。なお携帯端末に保存されている画像の枚数は、平均2,974枚という結果に。ダウンロードしたアプリの中で最も多いジャンルは第1位がカメラアプリ、第2位が画像編集アプリだったことからも、女子高生・女子大生は写真への関心度が非常に高いことが伺えます。
[画像4: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-888061-3.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-336241-6.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-906123-8.jpg ]



◆TREND3. 初めての音楽購入は79.5%がCD、現在の入手方法第1位は音楽アプリ
 回答者全体の94.3%は月1回以上の頻度で音楽を聞いています。初めて自分自身で音楽を購入した際は「CDを購入」したという割合が79.5%でした。一方で、現在の音楽の入手方法は「音楽アプリを利用(定額サービスは除く)」が64.3%で第1位。第2位は「You Tube等の動画サイトを利用」、そして第3位が「CDを購入」となりました。鑑賞ツールも92.9%がスマートフォンを利用しており、デジタル音楽の活用度は上昇しているようです。
[画像7: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-590242-9.jpg ]



[画像8: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-384946-12.jpg ]

[画像9: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-697523-13.jpg ]



[画像10: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-135575-10.jpg ]

[画像11: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-773977-11.jpg ]



*公開データの引用・転載の際は、
“フリュー株式会社「GIRLS'TREND 研究所」調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

* 調査結果の続きはこちらでご覧いただけます
http://www.furyu.jp/2015/10/gtl31.html

◆ 調査概要
調査期間  :  2015年9月11日(金) ~ 9月23(水)
調査方法  : インターネットアンケート
調査対象  : プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」会員の女子高校生、女子大学生等
       (※高専生、専門学校生、短大生を含む)
有効回答数: 297サンプル

[画像12: http://prtimes.jp/i/5167/609/resize/d5167-609-109434-1.jpg ]



*『GIRLS'TREND 研究所』とは?
プリントシール機市場でトップシェアを占めるフリュー(株)における調査・研究機関。主な調査対象は、女子高生・女子大生。『GIRLS‘TREND 研究所』ではこの調査の一部をニュースレターとして情報発信中。


【「ピクトリンク」とは 】
フリューのプリントシール機で撮影した画像を、フィーチャーフォン・スマートフォンにて取得・閲覧できるサービス。2015年4月時点で利用者数が1000万人を突破。アプリ版ではSNS機能を備えており、画像データを整理してアルバムを作成、共有が可能。 <サイトurl:  https://sp.pictlink.com/>

【2015年はプリントシール機生誕20周年】
1995年7月にプリ機が誕生し、2015年で20周年を迎えます。顔を美しく加工する画像処理技術の向上や、高性能カメラ・プリンターの搭載など、ソフト・ハードの面での進化は勿論のこと、シールを交換していた時代から、現在は撮影データをスマートフォンに転送し、SNSでシェアし合う時代へと、その遊び方も、時代に合わせて進化をしています。

【フリュー株式会社 会社概要】
2007年4月にオムロングループからマネジメントバイアウト(MBO)によって独立したエンタテインメント分野の独立系企業。これまでプリントシール機事業、プライズ事業、モバイル事業、家庭用ゲームソフト事業などのエンタテインメント事業に参入し、着実に成長してきた。2012年4月には、株式会社ウィーヴの全株式を取得し、フリューグループとして新たにパートワーク事業、アニメ事業、版権管理事業、書籍出版事業の4事業が加わり、総合エンタテインメント企業として、その活動領域を拡大中。
*「GIRLS'TREND 研究所」は、フリュー発行の雑誌「GIRLS'TREND」とも連動しながら、女子の流行情報を発信します。


※ 『GIRLS‘TREND 研究所』および『GIRLS’TREND 研究所』ロゴは、フリュー株式会社の商標または登録商標です。
※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。 ※iPhone、iPodは、Apple Inc.の商標です。
※その他の会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング