ASEAN地域におけるクリエイター養成を始動!『デジタルハリウッド バンコク校』共に人材育成を目指すパートナー企業の参加受付を開始

PR TIMES / 2013年3月15日 15時51分

~タイ初の産学協同型クリエイタースクール。タイから世界へコンテンツ発信を目指す~

デジタルハリウッドでは、ASEANで初となる『デジタルハリウッド バンコク校』を開校し、第一期となる授業を開始しました。
バンコク校での開講講座は、近年のスマートフォンをはじめとするデジタルデバイスの普及と、それに伴うコンテンツ流通の活性を背景に、「モバイルアプリケーション専攻」をはじめ、「3DCGアニメーション専攻」、「グラフィックデザイナー専攻」、「Webデザイナー専攻」など、多彩なラインナップです。
バンコク校では、産業発展を支える人材育成を一緒に取組む企業様(パートナー企業)を募集中。
パートナーズ組織では、会員企業からの今後求められる人材像を元に、カリキュラム開発、育成の場を創出し、バンコク校卒業生の採用の場を提供する活動を行います。



 IT 関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、このたびグループ会社「デジタルハリウッド タイランド」(Digital Hollywood (Thailand) Co., Ltd.)を母体とし、ASEANで初となる『デジタルハリウッド バンコク校』を開校し、第一期となる授業を開始いたします。

 デジタルハリウッドが設立より18年間、日本を中心に各産業界の発展への貢献を通じて培ってきた教育ノウハウを活かし、タイ初の産学協同型・実践的クリエイティブスクールが始動いたします。

 バンコク校が開講前より、既に現地企業の他、タイにオフショア開発拠点を構える日系企業より、バンコク校が近い将来送り出す卒業生クリエイターへの求人が早くも寄せられており、現地でニーズの高さを実感しております。

 
 日本では産業活性の理念の元で、延べ1万社を超える業界各社とともに展開してきた会員組織「デジタルハリウッド・パートナーズ」を、今後コンテンツ産業の発展が期待されるタイ、ASEANで新たに始動し、同地域での人材ニーズに対応するサービスを提供してまいります。
 
 バンコク校での開講講座は、近年のスマートフォンをはじめとするデジタルデバイスの普及と、それに伴うコンテンツ流通の活性を背景に、「モバイルアプリケーション専攻」をはじめ、「3DCGアニメーション専攻」、「グラフィックデザイナー専攻」、「Webデザイナー専攻」など、多彩なラインナップとなっております。
 
 また、今後10年以内に世界一の人口となるASEAN諸国は、世界経済の中心地域へと変貌を遂げており、タイおよびASEANでは、日本をはじめ世界からのICT、オンラインゲーム等でのオフショア開発に対応できる人材需要が以前にも増して一層のスキルの高度化と、総合力が求められるようになってきています。
 
 これまでにないデジタルデバイスの普及が広がる同地域では エンタテインメント産業の発展とともに、新たな独自文化も創造されることが期待されています。
 
 デジタルハリウッドでは、同地域の人々に対し、単なる技術指導に留まらず、クリエイティブや高度な演出方法、ワークフロー・企画・想像力にまで及ぶ広域な教育を提供してまいります。
 
 タイを皮切りに人材育成を通じて、ASEAN諸国のデジタルコンテンツ業界をリードする、優秀な人材を育成・輩出し、産業を大きく成長させることで社会へ貢献し、そして、タイから世界へコンテンツを発信することを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング