【引越し侍/エイチーム】最も読まれている書籍のジャンル、3位は『ミステリー・サスペンス』、2位は『少年マンガ』、1位は『趣味・実用』!ジャンルごとの都道府県ランキングも公開

PR TIMES / 2014年11月28日 17時18分

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』のご利用者へ実施したアンケート結果を元に、『書籍のジャンルに関する調査』(http://hikkoshizamurai.jp/press/11/)を公開いたしました。



引越しの荷物の一つである、本やマンガなどの『書籍類』。
書籍には、文芸やノンフィクション、ミステリーなど、さまざまなジャンルがありますが、最も読まれているのは、どんなジャンルでしょうか?引越し侍を利用された方へ、普段読んでいる書籍のジャンルについてお尋ねしました(複数回答可)。
男女別、年代別、都道府県別に分けたランキングでは、それぞれ特徴が出る結果となっています。
また、ランキングに加えて、皆様からお伺いした『おすすめの一冊』もご紹介しています。是非最後までお楽しみください。


【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法  :当サイトをご利用の上、実際に引越しをされた方を対象にインターネットアンケートを実施
サンプル数 :1,417件
調査期間  :2014年9月~10月


1.普段よく読む書籍の『ジャンル』 全体の結果


【全体のTOP5】
趣味・実用…32%
少年マンガ…28%
ミステリー・サスペンス…26%
ビジネス・経済…20%
文芸…15%

全体の結果で最も多かったのは、32%の『趣味・実用』でした。
2番目は『少年マンガ』、3番目は『ミステリー・サスペンス』となっています。
少年マンガの割合は、少女マンガの2倍以上となっていたため、少女マンガよりも、少年マンガを読む方のほうが多いことが分かりました。


2.男女別の結果


【男性のTOP3】
少年マンガ…34%
趣味・実用…34%
ビジネス・経済…27%

【女性のTOP3】
趣味・実用…32%
ミステリー・サスペンス…30%
少年マンガ…23%

男女の結果を見比べてみると、男性は『ビジネス・経済』や『IT・コンピューター』の割合が高いことに対し、女性は、『ミステリー・サスペンス』や、『エッセイ・随筆』の割合が高くなっていることから、男性は仕事に活かせるような実用的な本を読み、女性は物語や小説など、文学的な本を読む傾向があると言えました。


3.年代別の結果


【20代のTOP3】
少年マンガ…43%
ミステリー・サスペンス…28%
趣味・実用…25%

【30代のTOP3】
趣味・実用…34%
少年マンガ…30%
ミステリー・サスペンス…24%

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング