1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

昨対比120%超え!絶好調の腕時計ブランド「ANGEL CLOVER」が、“タフなビッグリューズガード”が主張する「TIME CRAFT SOLAR」の最新モデルを2月17日(水)に発売!

PR TIMES / 2021年2月15日 18時45分

タフなリューズガードを搭載した12角形ベゼルのアクティブウォッチ。

株式会社ウエニ貿易(本社:東京都台東区、代表取締役社長:宮上昌弘)は、腕時計ブランド『ANGEL CLOVER(エンジェルクローバー)』から、ビッグリューズガードを採用した「TIME CRAFT SOLAR(タイムクラフトソーラー)」の最新作を2月17日(水)から全国の百貨店、時計販売店、セレクトショップで発売します。

https://angelclover.jp/






[画像1: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-922920-30.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-813215-6.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-315396-4.jpg ]


「SENSE OF FUN(遊び心)」をコンセプトに、ファッションと腕時計の愛好家を中心に注目を集めるファッションウォッチ「エンジェルクローバー」。

2021年の最新コレクションとして、タフなリューズガードを搭載した12角形ベゼルのアクティブウォッチを打ち出します。今回の新作は、2015年に「THE RED」の斬新なアプローチで話題となった「TIME CRAFT」のリバイバル。 デザイン・機能ともに2021年仕様にアップデートした最新モデルです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-232824-31.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-674132-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-964484-12.jpg ]


進化したポイントの1つ目は、日本製ソーラークオーツムーブメントを搭載した事。3つのサブダイヤル部のソーラーセルから光を集め、晴天下約5時間の充電で約4か月間の駆動が可能です。4か月間で数回使っていれば、着用したい時に「時計が止まっている!」といった心配が少ないため、気分的なコーディネートに合わせやすく、ファッションウォッチとしてぴったりの仕様です。なお、プッシャーの長押しで蓄電残量が分かる、便利なパワーリザーブインジケーター搭載しているため、使用前に一安心できるのも嬉しいポイントです。

2つ目は、サイズ改定です。2015年に48mmだったビッグフェイスは、45mmのちょうどいいサイズ感にリデザイン。どこから見ても目に留まるような印象的なデザインが、重厚感のあるタフ腕元を演出します。

3つ目は、レザーの背面と側面に耐久性の良いラバーを圧着させたハイブリッドベルトです。
「レザーのデザインは好きだけど、春夏は汗によるレザーのダメージが心配…。」そんな課題を解決するのがこの仕様です。肌に触れている面はラバーなので、レザーを痛める心配が軽減されます。春夏、普段使いはもちろん、炎天下やアウトドアで本領を発揮する、アクティブデザインウォッチならではの特徴です。


[画像7: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-561823-38.jpg ]


最新モデルは歴代のタイムクラフトの無骨な男らしさに現代的なアレンジを加え、新時代のアクティブな大人の腕元を体現。写真のようにモノトーンコーデやミリタリーテイストのスタイリングとの相性は抜群です。

リアルもオンラインでも、“映える”こと間違いなしのニューアイテムです。

【「TIME CRAFT SOLAR」の商品特徴】

1.タフな腕元を演出するビッグリューズガード
迫力ある印象的なシルエットのビッグリューズガードが、タフな腕元を演出します。
[画像8: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-345505-37.jpg ]


2.パワー残量表示付きのソーラー時計
フル充電時約4ヵ月駆動の日本製ソーラークォーツムーブメントを搭載。
3つのサブダイヤル部から光を受け蓄電。電池交換の心配やメンテナンスの手間を軽減します。
プッシャーを長押しするだけでソーラーの蓄電残量を確認可能です。
[画像9: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-632739-40.jpg ]



3.汗に強い、ベルト裏のラバー補強
レザーの側面と背面に耐久性の良いラバーを圧着させたハイブリッドベルトを起用。
アクティブなシーンで活躍します。


[画像10: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-276761-3.jpg ]



【販売概要】

[画像11: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-403360-28.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-690882-27.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-222000-26.jpg ]



■商品名:TIME CRAFT SOLAR(タイムクラフトソーラー)
■価格:25,000円~26,000円(税抜)
■販売場所:全国の百貨店 / 時計販売店 / セレクトショップ
■公式サイト: https://angelclover.jp/feature/time-craft-solar/
■発売会社:株式会社ウエニ貿易
■スペック
・ソーラークォーツムーブメント(フル充電時約4ヵ月間駆動)
・ステンレススチール
・100m防水
・ミネラルガラス
・カーフレザー&ラバーベルト
・30分計クロノグラフ
・ケースサイズW45mm×H45mm


[画像14: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-685035-32.jpg ]

[画像15: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-482898-7.jpg ]

[画像16: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-353396-11.jpg ]



【2021年春夏のメインカラーテーマ】

[画像17: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-291851-1.jpg ]


2021年春夏のメインカラーテーマは“映える差し色”「RED & WHITE」。

エネルギッシュで刺激的な“注目色”の「赤」と、クールかつさわやかな“順応色”の「白」。
心配ごとの多いコロナ禍の世の中で、一番長く身に着ける腕時計から心を彩れるようにセレクトした、“映える差し色”です。

大人な腕元に”遊び“を演出するアクティブ時計のニュースタンダートとして、ANGEL CLOVERは「RED & WHITE」をフィーチャーします。

【ANGEL CLOVER(エンジェルクローバー)とは】

[画像18: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-186644-2.jpg ]


ANGEL CLOVERは、「遊び心」を提唱するファッションウォッチブランドです。

開発及び発売元は輸入時計を多数扱う株式会社ウエニ貿易。
2009年の誕生以来、ワイルドで立体感のあるデザインを特徴とし、「ロエン」「ネスタブランド」「バンソン」「スラッシャー」「ナンバーナイン」等、数多くのファッションブランドとコラボレーションを重ね、成長してきました。
2015年には、腕時計には珍しい「赤」をテーマとした「レッドコレクションズ」が大ヒット。
お問い合わせと注文が殺到し、再入荷と品切れを繰り返し、注目を集めました。
1万~3万円代には見えない高級感のある精密な立体的な構造と、コストパフォーマンスの良さに定評があります。

2021年10月は売上前年比134%、11月は売上前年比126%。直営ECサイトでは、2021年1月に販売額前年比850%を記録。リアルもオンラインも好調、コロナ禍の現代においても求められるブランドです。

【ウエニ貿易とは】

時計、ファッション雑貨、フレグランス等のブランドを取り扱う専門商社です。
海外ブランド品の輸入卸において業界ナンバーワンのシェア(※自社調べ)を持っています。
輸入卸として培ってきた実績とノウハウを礎に、日本正規代理店・オリジナルブランドの事業を拡大。
ツェッペリンやタイメックス、フルラやヴェルサーチェウォッチ、ヘンリーロンドン等の日本総輸入代理店を務める一方、メーカーとしてエンジェルクローバーやペッレモルビダを開発する等、幅広いビジネスモデルで多数のブランドを展開しています。
[画像19: https://prtimes.jp/i/25284/624/resize/d25284-624-557853-8.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング