デヴィッド・ボウイの歴史的名盤『ジギー・スターダスト』40周年記念盤が最新リマスタリングで登場!CDに加えLP+DVDも発売!

PR TIMES / 2012年6月8日 14時35分



イギリスが生んだ真のスーパースター、デヴィッド・ボウイの代表作の一つにして、ロックの歴史に重要な足跡を残したアルバム『ジギー・スターダスト』の40周年記念エディションが2012年6月6日に発売されました。

 1972年6月にオリジナル・リリースされたこの『ジギー・スターダスト』は、デヴィッド・ボウイの5枚目のアルバムで、ボウイ自身とケン・スコットが共同でプロデュース。架空のロック・スター"ジギー・スターダスト"をボウイが演じた11曲で構成されるコンセプト・アルバムで、「スターマン」「レディ・スターダスト」「ロックン・ロールの自殺者」などのヒット曲を生み、デヴィッド・ボウイの最高傑作であるだけでなく、70年代のロックで最も重要なアルバムと呼ばれる作品です。最新2012年デジタル・リマスタリングの最高音質で再発売されました。

このアルバムは当時イギリスのチャートで7月1日に15位で初登場し、7月22日には最高位5位を記録。この快進撃のカギは、2度のTV出演(グラナダTV『リフト・オフ・ウィズ・アイーシャ』と、BBCの全国放送番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』)における「スターマン」のパフォーマンス。このアルバムは多くのファンの心をつかみ、ツァイトガイスト(時代精神)となって次世代―特にミュージシャンやアーティスト、デザイナーなどパンク・ムーヴメントに関心を寄せる人々に多大な 影響を及ぼし、それは結果的にロックやポップスの再生へとつながりました。
ボウイは絶頂期だった1973年7月3日におこなわれたロンドンのハマースミス・オデオンでの公演を最後に、ジギーを封印してしまいますが、『ジギー・スターダスト』はポピュラー文化の定義を永遠に変えることとなりました。

40周年記念エディションは、当時トライデント・スタジオでエンジニアを務めたレイ・スタッフによって、ロンドンのエアー・スタジオでリマスタリングされました。
また、今回はCDに加え、2012年6月20日にはアナログ・レコードとDVDのセットで、DVDにハイ・レゾリューション・オーディオと5.1ミックスを収録したヴァージョンも発売されます。
2012年版ニュー・ステレオ・リマスターと5.1およびステレオ・ミックスをフィーチャーしたDVD付きの完全限定LPも発売。DVDには、2003年ケン・スコットのミックスによる「月世界の白昼夢」(インストゥルメンタル)、「スーパーマン」、「ヴェルヴェット・ゴールドマイン」、「スウィート・ヘッド」の5.1ミックス/ステレオの未発表ボーナス・トラックが収録されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング