【ホテル日航アリビラ】2014年はアリビラ 開業20周年 Anniversary Year !!

PR TIMES / 2013年12月9日 19時24分

<開業20周年記念プロジェクト 始動>

ホテル日航アリビラ(沖縄県 読谷村/総支配人:嶋村 卓也)は、2014年6月27日(金)に開業20周年を迎えます。
きたる2014年には、開業以来のご愛顧に感謝の気持ちを伝えるとともに20周年を記念した様々な企画をご用意しております。



ホテル日航アリビラ(沖縄県 読谷村/総支配人:嶋村 卓也)は、2014年6月27日(金)に開業20周年を迎えます。
歴史と文化が色濃く残る読谷村に位置するホテル日航アリビラは、美しい自然に囲まれており「エコフレンドリーリゾート」として歩んでまいりました。また、開業時よりスタッフ一人ひとりが培っている「降りそそぐ太陽のような明るい笑顔でお客さまをおもてなしし、訪れる人を幸せにする」というサービスコンセプトを継承し続け、地域に根差したここにしかないおもてなしを提供する唯一無比のリゾートを目指しております。
2014年は、20年にわたるお客さまのご愛顧に感謝の気持ちを伝えるとともに開業20周年を記念した様々な企画をご用意しております。ホテル日航アリビラはこれからも、沖縄の豊かな自然を守り、環境の維持、共生とともに、お客さまが我が家のようにくつろいでいただけるホテルとしてお客さまをお迎えいたします。


■キャッチフレーズ:はたち/SHINKA

アリビラは多くの「シンカー(沖縄の方言で“仲間”の意)」に 支えられて20歳(20周年)を迎えます。
アリビラにとって“仲間”とは「お客さま」や「地域の皆さま」そして「スタッフ」。
20年間の皆さまの温かいつながりが、アリビラを“深化”させ“進化”します。
アリビラは、20年の感謝の気持ちをこめて、さらなる“くつろぎと癒し”を提供してまいります。

“ここちよさをかたちに”をキーワードに、お客さまにとって「笑顔」「安心」「嬉しい」「ワクワク感」「感動」といった“ここちよい”を体感していただくために、20年間培ってきた『アリビラマインド』の創造を“かたち”にします。


≪20周年プロジェクトについて≫

2013年1月、「20周年プロジェクトチーム」を発足。開業20周年を迎えるにふさわしいキャッチフレーズやキーワードを決定しました。また、アルバイトを含むスタッフ全員を対象に「20周年プロジェクト企画アイデア」の社内公募を行ったところ、応募総数172件の企画アイデアが集まりました。
これらのアイデアをもとに、2014年の20周年イベントとして順次発表してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング