カジュアルイタリアンレストラン「カプリチョーザ」旬を迎えるいちごを使った期間限定デザートを提供『いちごフェア』

PR TIMES / 2020年1月14日 11時45分

期間:2020年1月21日(火)~3月15日(日) カプリチョーザ国内店舗(一部店舗除く)

カジュアルイタリアンレストラン「カプリチョーザ」では、旬を迎えるいちごを使ったデザートを期間限定でお楽しみいただける『いちごフェア』を1月21日(火)~3月15日(日)の期間、実施します。



カジュアルイタリアンレストラン「カプリチョーザ」では、旬を迎えるいちごを使ったデザートを期間限定でお楽しみいただける『いちごフェア』を1月21日(火)~3月15日(日)の期間、実施します。

『いちごフェア』では、イタリアの伝統デザートをアレンジしながら、いちごのフレッシュな甘みと酸味を存分に楽しめる、見た目も華やかなスペシャルデザート3品を提供します。「カプリチョーザ」のオリジナリティがきらりと光るスイーツの数々で、春を先取りしてはいかがでしょうか。これから迎えるバレンタイン、ホワイトデーでのお食事にもおすすめです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18232/632/resize/d18232-632-774104-3.jpg ]

■ カプリチョーザ 『いちごフェア』 概要
◆期間:2020年1月21日(火)~3月15日(日)
◆商品:1.「いちごのショートケーキ、セミフレッド添え」 530円
    2.「あまおうジェラート ミルクがけ」 350円
    3.「いちごづくしのパンナコッタパフェ」 680円
    ※価格はいずれも税抜
◆販売:カプリチョーザ国内店舗 (一部店舗除く)
    ※実施店舗についてはオフィシャルホームページをご確認ください。 http://capricciosa.com/

カプリチョーザ 『いちごフェア』 メニュー紹介  ※価格は税抜
「いちごのショートケーキ、セミフレッド添え」 530円
いちごの王道デザートのショートケーキに、イタリアのアイスケーキ“セミフレッド”を添えました。
しっとり生クリームの定番ショートケーキと、いちごの甘酸っぱい果肉とナッツの食感が楽しい、ひんやり柔らかい口どけのセミフレッドをお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/18232/632/resize/d18232-632-722930-1.jpg ]

「あまおうジェラート ミルクがけ」 350円
いちごと練乳の最強ペアをジェラートでお楽しみください。
あまおうのジェラートにホイップクリームとフレッシュないちごを可愛くトッピングしました。
食後にちょっとだけ甘いものが欲しい時にもお勧めのライトなデザートです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/18232/632/resize/d18232-632-728838-2.png ]

「いちごづくしのパンナコッタパフェ」 680円
ぷるぷるのパンナコッタをベースに、サクサクの食感が楽しいグラノーラといちごのチーズクリームを重ね、フレッシュないちごをたっぷりのせて見た目も可愛らしいパフェにしました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/18232/632/resize/d18232-632-819048-0.jpg ]

カプリチョーザについて
「カプリチョーザ/Capricciosa」とは、イタリア語で“きまぐれ”という意味の言葉。
イタリア料理は大勢でワイワイ言いながら食べるのが楽しい。そんな陽気で明るい南イタリアのトラットリア(大衆食堂)タイプのレストラン、それが「カプリチョーザ」です。
1978年渋谷に誕生。2018年に創業40周年を迎えました。現在では日本、グアム、サイパン、台湾、ベトナムに100店舗以上を展開し、多くのお客様にご利用いただいています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/18232/632/resize/d18232-632-218530-4.jpg ]

カプリチョーザ代表メニュー
「カプリチョーザ」のメニューは全店共通のレシピによって調理され、いずれも本場・南イタリアの手作りの美味しさをお楽しみいただける逸品ばかり。特にイタリア産のトマトを使用して仕込むトマトソースは、まろやかでコクがあり、これをベースに作り出される料理の数々は、多くのファンを惹きつけて離さない、「カプリチョーザ」自慢の代表メニューです。
中でも一番人気があるのがスパゲティをはじめとするパスタメニュー。
創業以来の定番商品 “トマトとニンニクのスパゲティ”ほか、“カルボナーラ”、“なすとホウレン草のミートソース”など、自慢のメニューをお楽しみいただけます。
★ トマトとニンニクのスパゲティ
創業以来、不動のNo.1!
ニンニクのスパゲティというと、オリーブオイルと唐辛子を使ったアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノが代表的ですが、カプリチョーザではトマトソースがベース。他では味わえない濃厚なその味に、虜となった常連さんが後を絶ちません。
[画像6: https://prtimes.jp/i/18232/632/resize/d18232-632-629955-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング