一年後に迫ったソチオリンピック - 納入が進むパナソニックのAV機器【動画ニュース】

PR TIMES / 2013年3月27日 11時38分



2014年2月7日に開幕を迎えるソチオリンピック。そのちょうど1年前、ソチにあるオリンピックパークで「One Year to Go」イベントが開催されました。25年以上にわたり、「オフィシャルワールドワイドオリンピックパートナー」としてオリンピックをサポートしてきたパナソニック。このソチオリンピックにも、放送用の各種設備やセキュリティカメラなどのさまざまな製品やソリューションを提供しています。

この動画では、現地で開催された「One Year to Go」イベントの様子や、競技場や関連施設に設置が進んでいるパナソニック製品にスポットを当てています。オリンピック開催に向けて盛り上がりを見せつつあるソチの町や、まさに今建設が進んでいるオリンピックパークの様子、アルペン競技やスキージャンプなどが行われる山岳地域にある「Mountain Cluster」の風景など。1年後の本番を前に、着々と準備が進むソチの「いま」をご覧ください。

▼一年後に迫ったソチオリンピック-納入が進むパナソニックのAV機器(4分20秒)
http://ch.panasonic.net/jp/contents/10823/
http://youtu.be/640kAvxZ_Y4

<注目シーン>

【ロシアのソチは、黒海に面したリゾート地】(1分03秒~)
ロシア有数のリゾート地として知られる黒海沿いの町、ソチ。この町を舞台に2014年2月7日から、17日間にわたるオリンピックが開催されます。海から眺めた美しい町の様子は必見です。

【オリンピックパークで開催された「One Year to Go」イベント】(0分14秒~)
開会式までちょうど1年前にあたる2013年2月7日に開催された「One Year to Go」イベントは、ロシアのプーチン大統領も訪れるなど、大きな盛り上がりを見せました。そこで行われたさまざまなパフォーマンスやカウントダウンの瞬間、盛大に打ち上げられた花火も収録されています。

【納入されたパナソニックのAV機器やセキュリティカメラ】(1分17秒~)
黒海に面した「Coastal Cluster」では、主にスケートなどの屋内競技が開催されます。フィギュアスケート会場となる「アイスベルグ・スケーティング・パレス」には、LED大型映像装置が設置され、アスリートの表情や演技を大きく映し出します。

【Mountain Clusterの会場や施設にも設置が進むパナソニックの機器】(2分39秒~)
「Coastal Cluster」から北へ50キロ。アルペン競技やスキージャンプなどが行われるのが、「Mountain Cluster」です。こちらの会場にも、セキュリティカメラ、LED大型装置、業務用テレビシステムなど、200点以上の機器が納入されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング