「嘘を愛する女」「ルームロンダリング」を生み出したTSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018ファイナリスト決定!

PR TIMES / 2018年10月10日 11時40分

過去最多の応募総数から最終審査会に残った7名は…

カルチュア・エンタテインメント株式会社(以下、C・E)と株式会社TSUTAYA(以下、TSUTAYA)が主催する映像企画とクリエイターの発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018(以下、TCP)」の2次審査が終了し、最終選考に進む7作品が決定いたしました。



■TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM 公式ページ
http://top.tsite.jp/special/tcp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/635/resize/d18760-635-729695-1.jpg ]


受賞作品を5,000万円以上の総製作費・制作体制でTSUTAYAがバックアップするTCPでは、これまでに中江和仁監督『嘘を愛する女』(2018年1月公開/第1回グランプリ)、片桐健滋監督『ルームロンダリング』(2018年7月公開/第1回準グランプリ)の2作品が全国公開されており、他受賞作9作品も映画化に向けて、現在鋭意進行中です。

4回目の開催となったTCP2018では、過去最多となる670件の応募をいただきました。そして、9月下旬に開催された2次審査の結果、全7作品が11月15日(木)に行われる最終審査会でのプレゼンテーションの場に進むことが決定。最終審査会に向けたファイナリストたちのコメントも到着しました。

また、今回のTCP2018に「株式会社IMAGICA Lab.」、「ドルビージャパン株式会社」のご協賛も決定いたしました。
TCPの取り組みに賛同いただき、2社と協力することで新たな″才能“を発掘、輩出してまいります。

■ファイナリスト(応募者名50音順・敬称略)
・池田 暁:芋を旅する(仮)
「文字だけでは伝わらない作品の魅力を伝えていけたらと思います。」
・大川 五月:妊娠してる場合じゃないの!(仮)
「プレゼンの持ち時間は10分。これは短いようで長い時間だと思います。つまらないものを10分間観せられるのって苦痛ですから。審査員の方々や観客の皆さんを退屈させず、『この映画を観たい!』という気持ちになって頂けるような楽しい10分間にしたいです。」
・奥野 俊作:throwback(仮)
「自分の映画の魅力を素直に伝えられるよう、がんばります。普段広告の仕事をしているので…広告制作者として恥ずかしくないプレゼンテーションにはしたいです。」
・齋藤 栄美:Over the Wind(仮)
「大勢の方に、映画『Over the Wind(仮)』の面白さをアピールできるチャンス! 緊張はしますが、より多くの人に伝わるよう精一杯努力し、そして楽しみたいと思います!!」
・塩田 悠地:Mirror Mirror(仮)
「公開審査ということで緊張もあると思いますが、それも楽しんで臨みたいです。
会場の皆さんにも楽しんでもらえるプレゼンにしたいと思います。」
・堀江 貴大:先生、私の隣に座って頂けませんか?(仮)
「僕自身この企画が映像化されることを想像するとワクワクします。誰よりも僕がこの企画の映像化を望んでいますが、最終審査会にお集まり頂いた皆さまにもそんなワクワクを感じてもらえるよう、この企画の面白さを精一杯お伝えしたいと思います。」
・米村 唯:半ヲタ!(仮)
「ここまで来られたことに驚きを隠せません。
ビックリし過ぎて、あまり現実味がありませんが、
選ばれたからには、精一杯やらなければ、という使命感に燃えておりますので、
事前準備を入念に行い、本番は企画の魅力を精一杯アピールできるよう、頑張ります!」

■最終審査会概要
最終審査会:2018年11月15日(木)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール
審査方法:最終審査員の面前で企画のプレゼンテーションを実施

■【TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM】について
TCPは、2014年東京国際映画祭で主に若いフィルムメーカーを対象にした講座「映画は完成したけれど」にパネリストとして登壇した一人のTSUTAYA社員の想いから発案、実現いたしました。その講座で多くのクリエイターから寄せられた、“創りたい映画の企画があるがどう実現すれば良いのか分からない”、“撮影した作品の提供先がない”、等の現状の悩みから、「TSUTAYAでできることがあるのでは?」という発想から立ち上がったプロジェクトです。
創りたい映画の企画や、世に出ずに埋もれてしまっている映像作品を、映画ファンの方々にお届けするため、TSUTAYAとC・Eがクリエイターとお客様の架け橋になるべく、TCPを通じて様々なお手伝いをしたいと思っています。
公式サイト: http://top.tsite.jp/special/tcp/
公式twitter: https://twitter.com/TCP_staff

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
■TCP2015準グランプリ作品『ルームロンダリング』DVD発売&TSUTAYA先行レンタル・配信決定!

映画『ルームロンダリング』
▼11月21日(水)
DVD発売&TSUTAYA先行レンタル・配信開始


[画像2: https://prtimes.jp/i/18760/635/resize/d18760-635-221015-0.jpg ]

セル商品 発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:ハピネット
レンタル商品 発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
配信:TSUTAYA TVにて先行配信
出演者:池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦、伊藤健太郎、光宗薫
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋 、 梅本竜矢

公式サイト:roomlaundering.com
公式twitter: https://twitter.com/roomlaundering
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

▼ドラマイズム「ルームロンダリング」 2018年11月よりMBS、TBS深夜枠ほか にて放送!
<MBS> 11月4日(日)スタート 毎週日曜 深夜0時50分~
<TBS> 11月6日(火)スタート 毎週火曜 深夜1時28分~
公式サイト: https://www.mbs.jp/roomlaundering/
公式twitter:@roomlaundering 公式Instagram:roomlaundering

■TCP2015グランプリ作品『嘘を愛する女』絶賛発売&レンタル中!
『嘘を愛する女』

[画像3: https://prtimes.jp/i/18760/635/resize/d18760-635-827915-2.jpg ]


▼レンタル商品:
Blu-ray&DVD TSUTAYA先行レンタル中
▼セル商品 発売中
Blu-ray 豪華版 5,800円(税抜)
DVD 通常版 3,800円(税抜)
セル商品 発売・販売元:東宝株式会社
レンタル商品 発売元:東宝株式会社 販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
出演:長澤まさみ 高橋一生
DAIGO 川栄李奈 黒木 瞳
吉田鋼太郎
監督:中江和仁脚本:中江和仁・近藤希実

(C) 2018「嘘を愛する女」製作委員会

■協賛各社

[画像4: https://prtimes.jp/i/18760/635/resize/d18760-635-219363-3.jpg ]


株式会社IMAGICA Lab. ( https://www.imagicalab.co.jp/
所在地:東京都品川区、代表取締役社長 大林克己
[画像5: https://prtimes.jp/i/18760/635/resize/d18760-635-176128-4.png ]

ドルビージャパン株式会社( https://www.dolby.com
所在地:東京中央区、代表取締役社長 大沢幸弘
※Dolby、ドルビー、およびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング