トレンドや時代を超えたファッションの本質を徹底特集。「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」、映画『ジョーカー』主演ホアキン・フェニックスインタビュー掲載ほか。

PR TIMES / 2019年11月26日 11時55分

『VOGUE JAPAN』2020年1月号(11月28日発売)



[画像: https://prtimes.jp/i/930/640/resize/d930-640-549837-0.jpg ]


 世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』2020年1月号が11月28日に発売されます。今号では、「Faith in Fashion」をテーマに、トレンドや時代を超えたファッションの本質を徹底特集します。表紙と誌面のファッションストーリーでは、巨匠ニック・ナイトが、2019年秋冬のオートクチュールをまとったモデルをロンドンで撮影。その他、写真家のコリエ・ショアや小浪次郎がニューヨーク、マラケシュを舞台に撮り下ろしました。最高の素材とアルチザンの技が凝縮したオートクチュールのドレスが織りなす夢のような美しさは必見です。また、サステナビリティやダイバーシティが喫緊の課題となり、激動の局面を迎えた「ファッションの未来」について、eコマース・バイヤーや、マーケティングの専門家、デザイナーたちのインタビューから考察した最新の情報をお届けします。

ファッションでは、タキシードなどマニッシュなテイストを取り入れたドレスアップスタイルを特集。現代女性たちを称える、知的でクールな着こなしを紹介します。人気企画「パリコレレポート」では、伝統あるモードの権威・パリコレを“大学”に見立てて、ヴォーグエディターが徹底レポートします。同じく好評企画「4都市スナップ」では、2020年春夏コレクションでのファッション賢者たちの着こなしを20ページにわたって分析しました。

1月号の恒例特集「VOGUE JAPAN Women of the Year」では、20日に行われた授賞式で発表された受賞者の貴重なファッションポートレートとインタビューを掲載。女優の綾瀬はるか、シンガー・ソングライターのリナ・サワヤマ、女優の杉咲花、ファッションモデルの冨永愛、片づけコンサルタントの近藤麻理恵、女優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使の黒柳徹子、プロゴルファーの渋野日向子、タレントの指原莉乃、シンガー・ソングライターの松任谷由実など世代を超えて輝く女性たちの競演に注目です。

今月のインタビューには、映画『ジョーカー』で見せた迫真の演技でアカデミー賞も噂される俳優ホアキン・フェニックスが登場。同作の話から、弱冠23歳で亡くなった伝説の俳優で兄のリヴァーとの関係、恋人で女優のルーニー・マーラのことまで8ページにわたるロングインタビューです。また、東京とニューヨークを拠点に世界へ飛び出す渡辺直美は、自身の今と未来について赤裸々に語りました。さらに、1990年を席巻した元祖スーパーモデルのクリスティ・ターリントンとクラウディア・シファーのインタビューはファン必見です。

詳しくはこちらからご覧いただけます。 https://www.vogue.co.jp/magazine/latest-issue

【VOGUE JAPAN】
1892年に米国で創刊し、現在26のエディションで発行される、世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版として、1999年7月に創刊し、今年創刊20周年を迎える。世界のトップフォトグラファーとのコラボレーションによる美しいヴィジュアルが誌面を飾り、最新のファッションとビューティーの情報から文化・社会的なトレンドまで、洗練された“ヴォーグの世界”を展開。時代に影響を与えた各界の女性たちを毎年年末に表彰する「VOGUE JAPAN Women of the Year」も好評。
インターネットへ掲載の場合、次のURLを掲載の上、リンクしてください。 https://www.vogue.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング