「チームラボボーダレス」と「チームラボプラネッツ」が1周年。合わせて年間350万人以上が来館。単独のアーティストのミュージアムとしては、チームラボボーダレス単体としても世界最大規模の来館者数を記録。

PR TIMES / 2019年8月7日 23時40分

アート集団チームラボの東京の2つのミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(東京・お台場/以下、チームラボボーダレス)と「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」(東京・豊洲/以下、チームラボプラネッツ)が、今夏でオープン1周年を迎えました。チームラボボーダレスとチームラボプラネッツは、開館から1年で、合わせて350万人以上が来館。チームラボボーダレスにおいては、単独のアーティストのミュージアムとしては、ゴッホ美術館を超える、世界最大規模の年間来館者数およそ230万人を記録。世界160以上の国と地域から来館しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7339/643/resize/d7339-643-563505-0.jpg ]

チームラボボーダレスとチームラボプラネッツは、チームラボの作品によるミュージアムです。
チームラボボーダレスは、境界なくつながる作品群による1つの世界を、さまよい、探索し、発見する《地図のないミュージアム》。2018年6月の開館から1年で、世界160以上の国と地域から、約230万人が来館しました。
チームラボプラネッツは、はだしになって、超巨大な作品の中に身体ごと没入していく《水に入るミュージアム》です。2018年7月の開館から1年で、世界106の国と地域から、125万人以上が来館しました。
チームラボボーダレスとチームラボプラネッツの年間来館者数は、それぞれ単館でも、世界のsingle- artist museums(単独のアーティストの美術館)のなかで来館者数が最も多い3つの美術館である、バルセロナのピカソ美術館(94万8483人)、スペイン・フィゲラスのダリ劇場美術館(110万5169人)を上回ります。
そして、チームラボボーダレスにおいては、オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館(216万1160人)をも上回る、世界最大規模の来館者数です(※1)。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7339/643/resize/d7339-643-647119-1.jpg ]

■チームラボボーダレス(東京・お台場)
年間約230万人の来館者のうち、訪日外国人割合は約50%(※2)に達しており、訪日外国人の国・地域別割合は、1位アメリカ、2位オーストラリア、3位中国、 4位タイ、5位カナダ、6位イギリスと、近隣諸国のみならず、遠方の国からの来館者が多いことが特徴です。さらに、チームラボボーダレスが実施したアンケート調査によると、来館した訪日外国人のうち約50%(※3)が同館を目的に東京を訪れたことが明らかになっています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/7339/643/resize/d7339-643-787543-3.jpg ]


■チームラボプラネッツ(東京・豊洲)
年間125万人以上の来館者のうち、訪日外国人割合は約30%(※4)に達しており、訪日外国人の国・地域別割合は、1位アメリカ、2位香港、3位台湾、4位イギリス、5位オーストラリアとなっています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/7339/643/resize/d7339-643-469930-2.jpg ]


チームラボボーダレスとチームラボプラネッツはそれぞれ、東京・臨海エリア、および豊洲エリアの活性化にも大きく貢献しています。オープン後、チームラボボーダレスの最寄り駅である新交通ゆりかもめ「青海駅」の乗降者数は前年比で約1.5倍に、隣接する商業施設「ヴィーナスフォート」の入館者数は約1.2倍に上昇しました。同様に、チームラボプラネッツのオープン後、最寄り駅である新交通ゆりかもめ 「新豊洲駅」の乗降者数は前年比で約2倍に上昇しました。

今後も新たな作品が加わり続ける、チームラボボーダレスとチームラボプラネッツにおいて、チームラボは「アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索していきたい」と考えています。

※1 ”THE ART NEWSPAPER SPECIAL REPORT Art’s Most Popular: Exhibition and museum visitor figures 2018” The Art Newspaper. Number 311, April 2019.
※2 チームラボボーダレス公式ウェブサイト チケット購入者データより(調査期間:2019年2月16日-6月7日)
※3 チームラボボーダレス来館者を対象に実施したアンケート調査より(調査期間:2018年10月25日-11月2日)、回答者数1,237人
※4 チームラボプラネッツ公式ウェブサイト チケット購入者データより(調査期間:2019年3月1日-6月30日)

【概要】
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
場所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン 2階)
時間:平日 10:00 - 19:00、土日祝 10:00 - 21:00
※7月13日 - 9月1日 は特別延長期間の為、全日10:00 - 21:00
※最終入館は閉館の1時間前まで
休館日:第2・第4火曜日
※8月は10日・27日が休館、13日は開館
料金:大人(15歳以上)3,200円、小人(4~14歳)1,000円、障がい者割引 1,600円
公式URL: http://borderless.teamlab.art/jp
ハイライト動画: https://youtu.be/UYFWjUj4RPQ
#チームラボボーダレス #teamLabBorderless

チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com
場所:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
会期:2018年7月7日 - 2020年秋
時間:平日 10:00 - 22:00、土日祝 9:00 - 22:00
※7月20日 - 9月1日 は特別延長期間の為、全日9:00 - 22:00
※最終入館は閉館の1時間前まで
休館日:2019年9月5日(木)
料金:大人(18歳以上)3,200円、大学生・専門学生 2,500円、中学生・高校生 2,000円
小人(4~12歳)800円、シニア(65歳以上)2,400円、障がい者割引 1,600円
公式URL: https://planets.teamlab.art/jp/
ハイライト動画: https://youtu.be/Q420woQpB8Q
#teamLabPlanets #チームラボプラネッツ

※料金、開館時間、休館日が変更になる可能性があります。ホームページをご確認ください。

【チームラボとは】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(2014年)、「ミラノ万博2015」日本館をはじめ、シリコンバレー、台北、ロンドン、パリ、ニューヨーク、中国、シンガポールなど国内外で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」、2019年8月24日までTANK Shanghai(中国・上海)にて「teamLab: Universe of Water Particles in the Tank」、2019年11月4日まで九州・武雄温泉の御船山楽園にて「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」を開催中。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(アメリカ・サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(アメリカ・ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)、アモス・レックス(フィンランド・ヘルシンキ)に永久収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery.

チームラボ: http://teamlab.art/jp/
Instagram: https://www.instagram.com/teamlab/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
Twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング