大人気!パナソニックによるキャリア教育支援~いよいよ2013年度実施校 募集スタート!

PR TIMES / 2013年4月11日 12時52分



パナソニック株式会社は、持続可能な社会の実現のため、「次世代育成支援」をグローバルで取組むべき大切な活動であると考え、企業市民活動の重点テーマとして掲げています。特に、日本国内では、理数離れ・学力低下が深刻な状態となり、複雑化・多様化する教育の課題には社会総がかりでの対応が必要とされ、産業界に対して、その持てるノウハウ・人材・技術・施設等を活かした教育支援への要請が強くなりつつあります。

そのような声にお応えするために、パナソニックでは、2008年より教材開発をスタート。小中学校を対象に教育貢献プログラムを提供し、高い評価をいただいています。

そして2013年度も、下記の3プログラムを実施する530校を募集いたします。
より多くの小中学校のご応募をお待ちしております!

■お申込み・お問い合わせ方法:
下記プログラムそれぞれのWebページのフォームより、お申込み・お問い合わせください。

■2013年度 募集内容
(1)小学5年対象 社会科・環境教育プログラム「エコ・モノ語(がたり)」
出前授業校100校/教材提供校250校募集
http://panasonic.co.jp/citizenship/demae/index.html#cont01
[詳細]
家電製品が進化してきた歴史や、環境問題の解決に向けて、モノづくりを支える人がそれぞれの立場で努力や工夫を行っていることを学んだ上で、自分たちにできることは何かを考えることのできる社会科・環境教育プログラム。特に、パナソニックの拠点がある関東・中部・関西・九州の一部の地域では、社員が学校へ出向き、授業をする「出前授業」を実施しており、現在 約60名の社員が参画しています。様々な役割で働く社員が、それぞれ職場で実践している“モノづくりの努力や工夫”、“環境のための取り組み”について、実際の経験を元にお話をしています。

▼映像でみる:パナソニック社員が小学校へ「エコモノ語」で出前授業
http://ch.panasonic.net/jp/contents/02581/
http://www.youtube.com/watch?v=BwAfJeiFwVA


※本プログラムは、2011年3月 経済産業省主催「第1回キャリア教育アワード」で最優秀賞を受賞しました。
http://panasonic.co.jp/news/topics/2011/83151.html


(2)小学4年~中学校対象 エネルギー・環境教育プログラム「エネマネ博士になろう」
教材提供校100校募集
http://panasonic.co.jp/citizenship/demae/index.html#cont02
[詳細]
2011年度から提供スタート。社会的に関心が高まっているエネルギーをテーマとした環境教育プログラムです。エネルギー資源や発電方法に関する課題やその背景、太陽光発電のしくみなど、児童がエネルギーの知識を身につけ、エネルギー問題について自分の考えをもち、家庭や学校での実践につなげる内容になっています。


(3)中学校対象 キャリア教育プログラム「私の行き方発見プログラム」
教材提供校80校募集
http://panasonic.co.jp/citizenship/demae/index.html#cont04
[詳細]
2012年度から提供スタート。全国の中学校で必修となっている職場体験学習をより効果的に進めるために作成したものです。会社は利潤を追求するだけではなく社会に貢献している立場にあること、多種多様な役割が連携して会社や社会を支えていることを理解し、自分の目指す職業や職種で求められる能力について考えたり、生徒が働く意義や自分らしい“行き方”を考えるきっかけとなるよう構成されています。

▼映像でみる:被災地域における、パナソニックのキャリア教育支援
http://ch.panasonic.net/jp/contents/10262/ 
http://www.youtube.com/watch?v=fDpyVlwnsYw


<関連情報>
・パナソニックの次世代育成支援活動「パナソニックキッズスクール」
http://panasonic.co.jp/citizenship/child/index.html
・パナソニックとインテル21世紀型スキル醸成を目指した教育実践で強力なタッグを組む2社
http://panasonic.co.jp/citizenship/message/interview/series_4/
・パナソニックの次世代育成支援活動ブログ
http://panasonic.co.jp/citizenship/blog/child/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング