LED電球がつなぐ従業員家庭と東日本大震災被災地の「節電エコリレー」

PR TIMES / 2013年4月11日 14時26分

パナソニックが、従業員参加による「節電アクションプラン」で挙げた節電効果に基づき、岩手・宮城・福島にLED電球合計1,569個とLED光源のソーラーランタン100台を寄贈。



2011年3月11日に発生した東日本大震災を契機に日本の電力事情が大きく変わったことを受け、パナソニック株式会社は、「工場・オフィス」「働き方」「職場・家庭での従業員活動」の3つの切り口で、節電取り組みの加速を進めてまいりました。

その一環として、持続可能な地球環境と社会づくりへの貢献をめざす地球市民活動「パナソニック エコリレー」では、日本のグループ従業員が、それぞれの家庭で節電に取り組む「節電アクションプラン」を実施。一定の節電効果を挙げるとともに、今まで3回にわたって、家庭での節電総量の1%に相当する節電効果をもたらす数量のLED電球を被災地へ寄贈しました。

これは、従業員に対する節電への動機付けを兼ねるとともに、被災地における節電への貢献と、被災地にLEDの「あかり」による安心・安全な暮らしを届けることを目的としています。

■節電アクションプランとは
1.社内イントラネットを活用した従業員の節電啓発
2.従業員一人ひとりが具体的アクションを家庭で実践
3.家庭での電気使用量(前年比較)と具体的取り組み内容を従業員が自主申告し成果を把握
4.従業員家庭での節電総量の1%に相当する節電効果をもたらすLED電球を被災地に寄贈
以上4つのステップで構成され、パナソニックグループ労働組合連合会との共同で実施しました。これまでの3回の実績は、以下の通り。

<第1弾:2011年度冬の結果>
・実施期間: 2011年12月19日~2012年3月30日
・報告内容: 1・2月の電気使用量(前年との比較)と節電取り組み内容
・自主申告者数: 11,900人
・取り組み成果: 従業員1世帯当りの平均節電量 ▲35.9kWh/月、節電率5.8%
・LED電球寄贈: 岩手県大船渡市の教育委員会へLED電球572個に、LED光源のソーラーランタン100台を追加し寄贈

<第2弾:2012年度夏の結果>
・実施期間: 2012年7月2日~2012年9月28日
・報告内容: 8月の電気使用量(前年との比較)と節電取り組み内容
・自主申告者数: 17,800人
・取り組み成果: 従業員1世帯当りの平均節電量 ▲7.4kWh/月、節電率1.6%
・LED電球寄贈: 「特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター」を通じて、宮城県下の7つのNPO法人の福祉施設などへLED電球184個に、労使寄贈分として300個を追加し寄贈

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング