【お知らせ】AI人材育成のための法人向けオンライン講座「SIGNATE Quest」発売開始後3ヶ月で売上1億円を突破

PR TIMES / 2020年3月4日 16時55分

日本全国の企業のデジタルシフトをリードする株式会社オプトホールディング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 グループCEO:鉢嶺 登)は、グループ企業の株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 齊藤 秀、以下SIGNATE)が提供する、法人向けオンライン講座「SIGNATE Quest」が、発売から3ヵ月で売上1億円を突破したことをお知らせいたします。



SIGNATEは、日本最大級のAI開発人材ネットワーク「SIGNATE」 を運営し、AI開発・運用、AI人材の育成・採用支援サービスを提供しています。グループのデジタルシフト新戦略の核となる「デジタルシフトエンジン(※1)」における「ヒト」の領域を主に担っており、同社が提供するAI人材育成のための法人向けオンライン講座「SIGNATE Quest」は、その中核を担うサービスのひとつです。

2019年10月1日の発売以来、多くの反響を頂戴し、わずか3ヶ月で売上1億円を突破しました。

当社グループは、SIGNATEをはじめとしたグループ企業のアセットを掛け合わせ、デジタルシフトによる変革の道しるべとなり、今後も日本企業の持続的な成長に貢献してまいります。

※1:デジタルシフトに必要なヒト、モノ、カネ、情報をワンストップで提供することで、企業のデジタルシフトを加速させます。

■SIGNATE Questとは
▼商品詳細はこちら
SIGNATE Quest Corporate ( https://biz.quest.signate.jp/)


企業におけるAIプロジェクトを成功させるには、AIを実装するためのデータサイエンティストやエンジニアの育成が重要であるほか、プロジェクトによるコスト削減効果の可視化や実現可能性を検討できる、いわゆる「AI活用の目利き人材」の育成が重要となります。

「SIGNATE Quest」は、そのような人材育成ニーズに対応する全く新しいオンライン教育講座です。AIを実装するデータサイエンティストの育成はもとより、AIプロジェクトを推進するビジネス系人材の育成をも目的とした、月額サブスクリプション型のオンラインサービスで、月に2本のペースで新しい講座が追加されています。受講者は伸ばしたいスキルに合わせて講座を選べるほか、管理者は管理画面上で、社内の受講者のアクセス状況や学習進捗、成績等を把握することができます。
[画像: https://prtimes.jp/i/14848/661/resize/d14848-661-537585-0.jpg ]

SIGNATE Questは、さくらインターネット株式会社が経済産業省事業として実施する衛星データ活用技術者養成e-learning「Tellus Trainer」及び広島県が実施する「ひろしまサンドボックス AI人材育成チャレンジ実施業務」においても利用されています。

以上

■SIGNATEの概要
社 名 : 株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社 : 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
資本金 : 2億80百万円(2019年4月1日時点)
代表者 : 代表取締役社長CEO/CDO 齊藤秀
URL  : https://signate.co.jp


■株式会社オプトホールディングについて
オプトホールディングは、デジタル産業革命時代の経営課題ともいえる「デジタルシフト」を日本企業が実現するために、経営戦略から人材育成・活用、商品開発、マーケティングに至るまで幅広くサポートする「デジタルシフトカンパニー」です。「次代の繁栄」のために新しい価値を創造し続けることをミッションとし、日本企業の皆さまと協力してまいります。

■オプトホールディング 会社概要
社名:株式会社オプトホールディング
資本金:82億12百万円(2019年12月末現在)
代表者名:代表取締役社長 グループCEO 鉢嶺 登
上場区分:東証一部(証券コード 2389)
URL: https://www.opt.ne.jp/holding/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング