メ~テレ、在名民放局で初めて「4K対応衛星中継車」を導入 7月21日(火)から運用開始

PR TIMES / 2020年7月22日 14時40分

~「番組制作」から「ニュース中継」まで多目的に使用が可能~

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、放送を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、新たなビジネスチャンスの獲得を目指し、積極的に新しい技術の導入に取り組んでいます。
このたび、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ、高精細な「4K映像」に対応した新しい衛星中継車を導入し、7月21日(火)から運用を始めました。



4K対応の衛星中継車を導入するのは、名古屋の民間放送局としては初めてです。
新衛星中継車は、テレビ朝日系列の新しいSNG(衛星回線を利用した映像伝送)方式により、天候の影響を受けにくい中継が可能で、「4K映像による高精細かつ迫力のあるスポーツライブや音楽フェスなどの番組制作」から「通常では通信が難しい報道現場からのニュース中継」まで、多目的に使用することが可能です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/14977/664/resize/d14977-664-522385-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/14977/664/resize/d14977-664-134350-1.jpg ]


<4K対応 新衛星中継車 仕様>
●カメラヘッド:ソニー製 HDC-5500 3台
●スイッチャー:池上通信機製 MuPS-5000(2M/E)
●収録装置:ソニー製 PWS-4500  PDW-HD1550 2台
●システム設計:池上通信機
●車体架装:京成自動車工業
全長 6.59m  全幅 2.37m  全高 3.43m
発電機 25kVA
マイクロ波伝送用油圧ポール搭載

<特  長>
●4K番組制作から、ニュース中継まで多目的に使用可能
●4K対応衛星中継車の導入は在名民放局で初
●テレビ朝日系列の新SNG(衛星回線を利用した映像伝送)方式により、天候の影響を受けにくい中継が可能
●マルチビューワーの活用により、素材モニター数を削減

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング