国内外で高い評価を集める若手監督・藤井翔監督作、「家族愛」をテーマに日米で制作された2作品『雫 / Intangible』舞台挨拶を含めたワールドプレミアを開催

PR TIMES / 2013年9月17日 15時4分

~ワールドプレミア後の懇親会では大使館や有名VIPからも愛されるElio’s Cateringのブッフェを定価の半額以下でご提供~

デジタルハリウッド大学大学院10期生で映画作家の藤井翔氏が監督として手掛けた2作品、「雫 / Intangible」のワールドプレミア(世界初公開の試写会)を開催します。
藤井翔氏はデジタルハリウッド大学在学中にUCLA Extensionに留学し、同校の映画監督プログラムを修了しました。本学在学中より数々の長編映画、短編映画、PVなどを製作し、その作品はUCLAの上映会で「最優秀脚本賞」と「最優秀撮影賞」を受賞するなど、国内外で高い評価を集める若手監督です。
日本とアメリカ、全く異なる2つの国で制作された2作品は、「家族愛」をテーマの柱として、それぞれの国の文化や習慣に応じて内容を変えた構成になっています。
ワールドプレミア上映会当日は雫キャスト、クルーの舞台挨拶を含めた映画上映の他に、 監督が南イタリアで撮影した南イタリア料理&ワインについての動画上映とスペシャルゲストを交えたトークセッション、そして最後に、大使館や有名VIPにも振る舞われる「Elio’s Catering」のブッフェをご用意した懇親会もご用意しております。




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の10期生で映画作家の藤井翔氏が監督として手掛けた2作品、「雫 / Intangible」のワールドプレミア(世界初公開の試写会)を開催いたします。
 藤井翔氏はデジタルハリウッド大学在学中にUCLA Extensionに留学し、同校の映画監督プログラムを修了しました。本学在学中より数々の長編映画、短編映画、PVなどを製作し、その作品はUCLAの上映会で「最優秀脚本賞」と「最優秀撮影賞」を受賞するなど、国内外で高い評価を集める若手監督です。
 日本とアメリカ、全く異なる2つの国で制作された2作品は、「家族愛」をテーマの柱として、それぞれの国の文化や習慣に応じて内容を変えた構成になっています。世界には様々な人種や宗教、文化がありますが、どこの国へ行っても子供に対する親の「愛」は変わりません。しかし、それに気が付かない子供が世界中で増えています。監督自身もその一人でした。「そんな子供を少しでも減らしたい」という想いから、この映画は作られています。
 ワールドプレミア上映会当日は雫キャスト、クルーの舞台挨拶を含めた映画上映の他に、 監督が南イタリアで撮影した南イタリア料理&ワインについての動画上映とスペシャルゲストを交えたトークセッション、そして最後に、大使館や有名VIPにも振る舞われる「Elio’s Catering」のブッフェをご用意した懇親会もご用意しております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング