太閤四季彩園~ねねハーブの小径」ライトアップイベント「紫陽花灯花(あじさいとうか)」「有馬温泉 太閤の湯」敷地内の歩行者通り抜け解禁 2013年6月20日(木)スタートのお知らせ

PR TIMES / 2013年6月18日 15時55分

阪急阪神第一ホテルグループの一員である株式会社有馬ビューホテル「有馬温泉 太閤の湯」(神戸市北区有馬町池の尻292-2 代表取締役社長 入谷泰正)は、2013年6月20日(木)より「太閤の湯」正面に位置する「太閤四季彩園~ねねハーブの小径」にて紫陽花のライトアップを開始するにあたり、同日からライトアップ実施期間中「太閤の湯」敷地内の歩行者通り抜けを解禁します。



「有馬温泉 太閤の湯」→ http://www.taikounoyu.com/


■市街より気温が約2℃低い有馬は今からが紫陽花の見頃!
庭園内いっぱいに咲き誇る約1,000株の紫陽花を昼も夜もお楽しみいただけます。

鮮やかなピンクの花をつける珍しい品種の“ヤマアジサイ”や日本古来の品種で清涼な瑠璃色が美しい“ヒメアジサイ”、花柄が長く突き出した装飾花が特長の“ガクアジサイ”など、赤・青・紫・薄紫、様々な風情の約1,000株の紫陽花が庭園内いっぱいに咲き誇ります。

【紫陽花灯花】期間:2013年6月20日(木)~7月15日(月・祝)終了予定 時間:19時~23時


■期間中の敷地内歩行者通り抜け解禁により初夏の有馬観光の充実をバックアップ

有馬と言えば善福寺のイトザクラや親水公園の桜並木、秋の瑞宝寺の紅葉が有名ですが、温泉の行き帰りに気軽に訪れることができる初夏の散策スポットの充実が待たれています。
ついては有馬観光活性化の一助として、「有馬ビューホテルうらら」「有馬温泉 太閤の湯」をご利用されない皆様にも市街地とは異なる迫力あふれる紫陽花の群生を楽しむことができる「太閤四季彩園~ねねハーブの小径」をライトアップ期間中に限り開放し、六甲山の麓に位置する温泉地・有馬ならではの初夏の自然の魅力を広く発信してまいります。


■昨年度初夏の園内の紫陽花ならびにライトアップの模様


このリリースに関するお問い合わせ先
有馬ビューホテルうらら(井上英樹・木村ゆう)
TEL078-904-3117(直)  FAX078-904-0993(直)

有馬ビューホテルうらら → http://www.arima-view.com/


発行元:阪急阪神ホールディングス
     大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング