1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『カルビー ルビープログラム』の新コンテンツが本格始動 ~学校の緑を増やそう!苗木キャンペーンがスタート~

PR TIMES / 2021年3月29日 16時45分

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 秀二)は、2020年9月から開始している「折りパケ」運動と『カルビー ルビープログラム』の新たな体験プログラムとして、「学校の緑を増やそう!」苗木キャンペーンが4月1日(木)10時より本格始動することをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30525/671/resize/d30525-671-837674-2.jpg ]

「折りパケ」運動は、空きパッケージを小さく折りたたんで捨てていただき、ごみの嵩(かさ)を減らして、使用するごみ袋の量を減らす取り組みで、これまで多くのお客様にご賛同いただいてきました。カルビーは、この「折りパケ」運動をお客様とご一緒に進めていくため、『カルビー ルビープログラム』(以下、「ルビープログラム」※)を導入し、ルビー・スタンプを貯められたお客様に様々な体験プログラムやキャンペーンをご紹介してまいりました。

※「ルビープログラム」は、専用のスマートフォンアプリを使い、折りたたんだ空きパッケージの撮影で商品に応じたルビー(ポイント)を獲得でき、貯めたルビー・スタンプで体験プログラムやキャンペーンに応募いただける仕組みです。これまで、カルビー大収穫際2020・工場見学体験・ジャガイモ収穫体験・ジャガイモ栽培・ファンミーティングといった、様々な体験プログラムをご案内してきております。

今回の新たな体験プログラムは、小学校単位で児童の皆さまが主体的に参加できるユニークな内容で、カルビーから小学校へと植樹(サクラの苗木)をご提供するものです。児童や保護者、ご家族の皆さまは、カルビー商品を楽しまれた後の「折りパケ」によって、ごみの嵩(かさ)削減に取り組んでいただくことで、学校の緑を増やす活動への参加が可能です。これまでも、カルビーの食育やカルビー工場見学など、学校現場でのコミュニケーションを図ってまいりましたが、「学校の緑を増やそう!苗木キャンペーン」を通して、日本国内の小学校での思い出づくりもお手伝いできればと願っております。

カルビーは、「ルビープログラム」等を通じ、環境に配慮した企業活動を進めるとともに、今後ともお客様とのコミュニケーションとエンゲージメントをさらに深めてまいります。

-カルビーグループについてー
カルビーグループは、「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」を企業理念とし、長期ビジョン(2030ビジョン)「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」を掲げています。企業活動を通して社会価値を提供し、持続的成長と持続可能な社会を実現することが私たちの使命です。カルビーグループは、環境・社会・経済を取り巻く中長期的な課題に対して、ステークホルダーとの共創によって向き合い、新たな価値を創造する「サステナブル経営」を実践していきます。

■キャンペーンの概要:
[画像2: https://prtimes.jp/i/30525/671/resize/d30525-671-150305-1.jpg ]

■プログラムのフロー:

[画像3: https://prtimes.jp/i/30525/671/resize/d30525-671-726224-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング