T-ARA初の全国ツアー日本武道館で感動&熱狂のファイナル!~新メンバーも日本初お披露目!!

PR TIMES / 2012年7月27日 19時16分



2012年6月19日、 愛知県芸術劇場大ホールよりスタートした、T-ARA初の全国ツアー『T-ARA JAPAN TOUR 2012 ~Jewelry box~』のファイナル公演が、7月25日・26日の2日間にわたり日本武道館で行われました。

昨年9月の日本デビューから僅か10ヶ月でLIVEの聖地、日本武道館での公演を実現させたT-ARA初の全国ツアーは札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡、東京と全国6都市11公演、約4万人動員の大規模ツアーとなり、どの会場も、小さな子供から大人まで、男女問わず幅広い層の観客が集まり、この日も、コスプレをした若い女性達の姿も多く見かけられるなど、幅広いファン層から支持されていることがうかがえました。

無数のペンライトの青い光が埋め尽くす会場。オープニング映像が流れた後、一瞬会場が暗転し、再びカラフルなライティングがステージに向けられると、ステージ上に立っていたメンバーの等身大ボードが、リアルなメンバーに変身するというサプライズな演出でライブがスタート!巨大なミラーボールが周る中、沢山のダンサーを携え、カラフルな衣装に身を包んだメンバーがオープニングナンバー「Roly-Poly」を歌いながらメインステージに登場すると、場内は一気にヒートアップ!会場の武道館は、まるで巨大なダンスホールのような熱気に包まれました。

「皆さ~ん!ついに武道館にやって来ました~!みなさんの応援のお陰です。有難うございます!」とファンに感謝の気持ちを伝えるソヨン。早くも会場が熱気に感極まる中、ウンジョンから大切なお知らせが。
「皆さん、ファヨンが(ステージに)いませんよね?実は、足を怪我してしまって今日はステージに立つことが出来ません…。ちょっとファヨンを呼んでみましょう~!」ファヨンコールを受けて、松葉杖でステージにファヨンが登場。「みなさん~、本当にごめんなさい。練習中に、足を怪我してしまいました。早く治して、今以上に頑張ります!これからも応援宜しくお願いします。」とファヨンが挨拶。メンバーが「ファヨンの分まで私たち頑張ります!」と挨拶をすると、会場は大きな拍手と温かい声援で包まれました。

続いて「yayaya」「コジンマル~嘘~」「Cry Cry」と白熱のパフォーマンスが繰り広げられ、メンバーからの紹介を受けて、ここで、なんと、新メンバーのアルムが登場!現在、韓国で7月に発売された新曲「Day by Day」で活動中のT-ARAですが、この活動から加わった新メンバーのアルムは、現在日本活動に向けて、日本語も練習中。
「皆さん、はじめまして!私はT-ARAの中で一番色が白い新メンバーのアルムです。日本語難しいですが、頑張りますので宜しくお願いします!」と覚えたての日本語で挨拶。ジヨンが「今まで私とファヨンが末っ子でしたが、もう私は末っ子じゃないです。もうお姉さんですよ~!」と妹が出来たことを嬉しそうに話し、和気あいあいと楽しいムードのトークタイムが進み、日本のファンの前に初めて立ったアルムも緊張がほぐれてリラックスをした様子に。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング