1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

南高梅エキスを使った缶チューハイ『樽ハイ倶楽部期間限定梅干しサワー』4月6日(火)発売

PR TIMES / 2021年2月15日 18時15分



 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、RTD※1カテゴリーの期間限定商品として『アサヒ樽ハイ倶楽部 期間限定梅干しサワー』を、4月6日(火)から全国で発売します。
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/677/resize/d16166-677-118734-0.jpg ]


 『アサヒ樽ハイ倶楽部 期間限定 梅干しサワー』は、『アサヒ樽ハイ倶楽部プレーンサワー』をベースに、果肉が厚くやわらかい南高梅から抽出したエキスを加えた梅干しサワーです。梅干しの塩味や旨味をお楽しみいただけます。パッケージデザインは、梅干しをイメージした赤色をベースにし、グラスに入った梅干しサワーを大きく描きました。「樽ハイ倶楽部」のブランドロゴをグラスに配置することで、居酒屋で飲んでいる雰囲気を演出しています。パッケージ側面にはQRコードを掲載し、梅干しサワーを使ったアレンジレシピサイトへ誘導することで、お客様の好みに合わせた楽しみ方を提案しています。

 「樽ハイ倶楽部」は、1984年にニッカウヰスキー社と共同開発した飲食店向けの樽詰めサワーです。首都圏限定で『樽ハイ倶楽部レモン』の販売を開始し、1999年には『樽ハイ倶楽部プレーン』、2003年には『樽ハイ倶楽部ドライ』を発売しました。35年以上の歴史がある人気のブランドであり、2020年末時点で約10万店の飲食店にて取り扱われています。2020年3月に家庭用向けの缶商品として、「樽ハイ倶楽部」の通年商品2品を発売し、発売当初に掲げていた販売目標100万箱※2の2倍以上にあたる237万箱を売り上げました。

 アサヒビールは、缶チューハイ「樽ハイ倶楽部」ブランドをRTD事業の主力ブランドに位置付け、魅力的な商品展開や積極的な販促活動を展開していきます。2021年のRTD事業の売上は465億円(前年比100.4%)を目標とし、RTD市場全体の活性化に取り組むともに、お客様満足を追求し“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。
※1:「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
※2:1箱=250ml×24本 換算

【 商品概要 】
商品名:樽ハイ倶楽部期間限定梅干しサワー
品目:リキュール(発泡性)1.
発売品種:缶350ml・缶500ml
アルコール分:8%
発売日:2021年4月6日(火)
発売地区:全国
希望小売価格:缶350ml 141円(税抜き)缶500ml 191円(税抜き)
販売目標:「樽ハイ倶楽部」ブランド<缶>計270万箱※2(前年比113.9%)
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。
※「樽ハイ倶楽部」ブランドサイト: https://www.asahibeer.co.jp/taruhai/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング