1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

王谷晶の書き下ろし小説『今日、終わりの部屋から』をU-NEXTのオリジナル書籍として配信開始

PR TIMES / 2021年7月30日 15時15分

USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、王谷晶の微ホラー『今日、終わりの部屋から』をU-NEXTのオリジナル書籍として2021年7月30日(金)より配信開始いたします。U-NEXTの月額会員の方であれば「読み放題」でご覧いただけます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31998/679/resize/d31998-679-2235df90349ccc7e5646-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/31998/679/resize/d31998-679-4e7fa91b3f9b98517e2e-1.jpg ]

王谷 晶『今日、終わりの部屋から』
https://video.unext.jp/book/title/BSD0000465888?rid=PR00440

SNS、ブログ、日記、電話など、さまざまな「声」だけで描かれた群像劇

取り壊し寸前のアパート・トネリコ荘。名前の由来でもある、庭に立つトネリコの木が怪しく光りはじめる。その日から、住人たちの生活が変わっていく。独居老人、日の目を見ないYouTuber、シングルマザー、毒親との関係に悩む女性、小説家志望の契約社員、やる気のないフリーター、日本人女性と同居するベトナム人女性、それぞれの抱える屈託が緩やかに解れていく――。

話題作『ババヤガの夜』の作家・王谷晶が贈る、読後温かい気持ちになる微ホラー中編。


<著者プロフィール>
王谷晶(おうたに・あきら)
1981年生まれ。
女性同士の様々な関係を描いた短編集『完璧じゃない、あたしたち』(ポプラ社)で注目を集め、その後も『BL古典セレクション3 怪談 奇談』(左右社)やエッセイ『どうせカラダが目当てでしょ』(河出書房新社)などを発表。シスターフッドとハードボイルドを活写した近刊『ババヤガの夜』は、第74回日本推理作家協会賞の長編部門で最終候補に選ばれる等、高い評価を得ている。

◆王谷晶作品一覧はこちら→ https://video.unext.jp/browse/credit/PER0658071/PNC0033532/book


『今日、終わりの部屋から』の冒頭部分の試し読みをこちら( https://note.com/unext_pub/n/n26a2d58a7f4e)で公開していますので、ぜひご覧ください。


U-NEXTのオリジナル書籍一覧はこちら( https://video.unext.jp/book/originals/book)からご確認いただけます。


U-NEXTオリジナル書籍の一部はKindleストア、Apple Booksでも販売しています。また、藤井清美『#ある朝殺人犯になっていた』、チョン・ミジン『みんな知ってる、みんな知らない』、秋吉理香子『息子のボーイフレンド』、小野美由紀『路地裏のウォンビン』は紙の書籍としても販売しています。ぜひ全国の書店でもお買い求めください。


U-NEXTとは
U-NEXTは見放題作品数No.1※の動画配信サービスです。21万本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で楽しめるほか、公開・放送されたばかりの最新作を含む2万本以上のレンタル作品、さらに65万冊以上のマンガや書籍もラインナップしています。1つのアプリで「観る」「読む」をシームレスに楽しめる、ジャンルを超えたエンタメ体験をお届けしています。

U-NEXT: https://video.unext.jp
※GEM Partners調べ/2021年6月時点

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング