一目でわかる、誰でも使える、「直観直感POS」 今秋、新・ファッション業態特化型POS 『APPAREGI』 を発売

PR TIMES / 2019年10月24日 16時15分

~アパレル店舗運営に必要な機能とサービスを標準搭載したワンストップソリューション~



ワールドグループの株式会社ファッション・コ・ラボ(以下「ファッション・コ・ラボ」)と株式会社ヴィンクス(以下「ヴィンクス」)は、これまでのファッション業態特化型のPOSラインナップに加え、新たなPOSソリューション「APPAREGI(アパレジ)」の販売を開始いたしました。アパレルから、ファッション雑貨、生活雑貨など多種多様な商品を幅広い販売チャネルで自ら販売してきた歴史と経験により蓄積されたノウハウを持つ株式会社ワールド(以下「ワールド」)と、POS開発・導入実績の豊富なヴィンクスがPOSソリューション「ANY-CUBE Neo(R)」をベースに開発した新型POS「APPAREGI」の提供により、ファッション業態のクライアントニーズに合致したPOSを高い投資効率で活用いただけます。軽減税率対応などの基本的機能に加えて、近年販売の最前線で不可欠な免税店対応や多様化する決済手段への対応も実装しております。また、導入企業の基幹システムと組み合わせることで、店舗間・EC/DC間での在庫連携・管理が可能になります。顧客管理やポイントカード連携などの拡張性も担保した「すぐに使える」多機能・高機能POSとなっております。

ファッション・コ・ラボではEC構築をはじめとするITソリューションを提供する中で、店舗システムの導入・刷新に関する課題やニーズも寄せられるようになりました。ファッション・アパレル業界では組織的な業務運用と効率的なオペレーション、それを支えるITソリューションへのニーズが高まる一方、システム投資・導入するための社内システム人材が枯渇・不在、あるいは、単独での開発と導入による経済負担の大きさから、システム化が進みにくい傾向にあります。また、いざシステムを自社で時間とコストをかけて開発しようとしても、導入に至らないケースも多く見られます。

こうした課題に応えるべく、この新型POS「APPAREGI」を皮切りに、投資や導入失敗リスクを回避するため、ワールドですでに使っている=動いているシステム基盤をクライアントでも活用いただけるよう提供していきます。多くのクライアントへのECシステム/ECサービスの提供実績があり、ファッション業界での知見も豊富なファッション・コ・ラボが窓口となり、導入前診断、機器調達から導入後の保守・メンテナンスまで、ワールドやヴィンクスをはじめとするパートナー企業と連携しながらワンストップで課題を解決して参ります。

■ソリューションの特徴
[画像: https://prtimes.jp/i/2439/695/resize/d2439-695-418203-0.png ]


【株式会社ファッション・コ・ラボの概要】
社名 株式会社ファッション・コ・ラボ
代表者 代表取締役社長 中嶋 築人
本店所在地 東京都渋谷区神宮前2-4-12 DT外苑3F
設立年月 2011年4月1日
資本金 80百万円
主な事業内容 ファッション通販事業(国内) ブランド公式ECサイト受託事業
URL  https://fashion-co-lab.jp/


【株式会社ワールドの概要】
社名 株式会社ワールド
代表者 代表取締役社長 上山 健二
本店所在地 神戸市中央区港島中町6丁目8番1
設立年月 1959年1月13日
資本金 60億円
主な事業内容 傘下のブランド事業、投資事業、デジタル事業、プラットフォーム事業を営むグループ全体の経営管理、及びそれに付帯する業務を行う
URL  http://corp.world.co.jp/

【株式会社ヴィンクスの概要】
社名 株式会社ヴィンクス
代表者 代表取締役 社長執行役員 今城 浩一
本店所在地 大阪市北区堂島浜二丁目2番8号
設立年月 1991年2月20日
資本金 5億9,603万円(2018年12月末現在)
主な事業内容 情報関連サービス事業
URL  https://www.vinx.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング