TIS、JFL所属のサッカークラブFC今治のファン向けイベントにVR技術で協力

PR TIMES / 2019年11月6日 11時25分

~裸眼立体視ディスプレイを活用した海賊修行体験コンテンツを提供~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブFC今治(ホームタウン:愛媛県今治市)が11月10日(日)のホームゲームで開催するイベント「リアル戦国時代体験」に、VR(Virtual Reality:仮想現実)技術を活用した裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass※1」による海賊修行体験コンテンツを提供することをお知らせします。



 「リアル戦国時代体験」は、スタジアムの来場者向けに戦国時代に一世を風靡した海賊団の拠点であった今治圏域の歴史に思いをはせながら、海賊・忍者修行の体験をしてもらうファン向けイベントです。
TISは、子供たちに最新技術に触れ興味を持ってもらうことを目的に、「Looking Glass」による海賊修行体験コンテンツを提供します。本コンテンツは、ヘッドマウントディスプレイを使用せずに、多人数で3D映像を見ることができ、モーションセンサーによって3Dディスプレイ内の3Dコンテンツを触る、はじくなどのインタラクションを楽しむことができます。

<海賊修行コンテンツイメージ>
[画像: https://prtimes.jp/i/11650/696/resize/d11650-696-527071-0.png ]

せまりくる海賊やサメを手でなぎはらい、自分の船を守ります

 TISでは、先進技術・ノウハウを駆使して少子高齢化や労働力不足などの社会課題を解決する技術の開発に取り組んでいます。「リアル戦国時代体験」で活用したVR技術などのxR※2技術については、遠隔就労や遠隔コミュニケーションへの実用化に向けた研究開発を進めています。
 TISは、今回のイベント出展でVR技術を活用した次世代のインターフェースについての検証を行い、教育・観光・医療など様々な分野での活用や多様な働き方に対応するための研究開発を加速させていきます。


■「リアル戦国時代体験」概要
・主催:カケラボ
・協力:合同会社GTO、TIS 株式会社、エヌエスコーポレーション、株式会社サカワ
・開催日時:2019年年11月10日(日)10:00~13:00
・会場:ありがとう夢スタジアム フットボールパーク( http://www.fcimabari.com/stadium/
・イベント概要:FC今治ホームゲーム 第21回 JFL 2019シーズン 第27節で開催されるフットボールパークのイベントです。スタジアムにおいて、観るワクワク体験にプラスし、自らの身体を動かすワクワク体験を追加することにより、家族で楽しむことができるスタジアムの魅力を、再認識してもらうために、「リアル戦国時代体験」イベントを開催します。海賊・忍者修行として、弓矢体験やチャンバラ体験などの戦闘体験コーナーや戦闘アイテム手作りコーナー、最新技術の無料体験コーナーなどを予定しています。

詳細は以下URLを参照下さい。
http://www.fcimabari.com/news/2019/003166.html

※1:Looking Glass Factory社が開発した3D映像を裸眼で立体的に見ることができる裸眼立体視ディスプレイ
※2:xRは、VR、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)などの総称


TIS株式会社について
 TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。 http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング