1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【京都 蔦屋書店】飯田美穂による個展「m, △, 連続体」を12月23日(土)より開催。名画を引用し軽やかなタッチで新しいイメージを描く。

PR TIMES / 2023年11月28日 15時15分

京都 蔦屋書店(京都市下京区 京都高島屋S.C.[T8]5F・6F)は、アーティスト・飯田美穂の個展「m, △, 連続体」を2023年12月23日(土)~2024年1月9日(火)の期間に開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/58854/700/resize/d58854-700-ba3060c59c60658ebd2c-4.jpg ]

特集ページ|https://store.tsite.jp/kyoto/event/t-site/37373-1212061123.html
概要


飯田美穂は、絵画への愛とマネ、ゴヤ、ルノアールといったオールド・マスターたちへのリスペクトを込めて多様な名画を引用、抽象化したイメージを描くアーティストです。2018年に京都造形芸術大学大学院油画コースを修了後、愛知県を拠点に国内で精力的に個展やグループ展に参加しており、近年ではアートコレクターから高い注目を集めています。誰もが一度は目にしたことがあるであろう名画をベースに、点で描かれた表情の人物や、簡略化された形態が印象的な飯田美穂の作品。鑑賞者の名画を辿る記憶や時間が、彼女の視点と重なり合うことで、観る者の心に新しいイメージを創り出します。
飯田は今年、フランスのアーティスト・イン・レジデンスに滞在。今回展示される新作のなかには、現地で目にした町の教会のマリア像や教会にいたうさぎの記憶なども感じられます。今年の干支であったうさぎと、クリスマスを連想しながらお楽しみいただける展示です。

アーティストステートメント


そのフランスの教会で見たマリア像を単純にきれいだとおもった。
それからマリア信仰の教会にも行ってみた。
そこでは席に座れないほどにたくさんのひとが祈りを捧げていた。
それぞれの祈りの言葉はこころの内に繰り返される。
そうした祈りの言葉を持たないわたしは遠くのマリア像をただ眺めた。
それにもうすぐ卯年がおわる。そしてまたあたらしい一年が始まる。
そういえばある教会にうさぎがいたのを思い出す。
その手の内の切り札は所在なさげにぐずぐずしている。

飯田美穂

販売について                                   


展示作品は、店頭にて12月23日(月)11:00より販売開始。
アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」では、12月25日(月)12:00から1月9日(火)23:59の期間に販売します。
https://oil.bijutsutecho.com/gallery/1131
※プレセールスの状況により会期開始前に販売が終了することがあります。

アーティストプロフィール                           


飯田 美穂(Miho Iida)

2018年 愛知県にて制作活動中
2018年 京都造形芸術大学大学院 芸術専攻芸術研究科 ペインティング領域油画コース 修了
2016年 名古屋芸術大学 美術学部 美術学科 洋画2コース 卒業
2014年 イギリス・ブライトン大学 B.A. ペインティングコース 派遣交換留学
2012年 名古屋芸術大学 美術学部 美術学科 洋画コース 入学
2023年
「Aliens 3 : 飯田美穂、パクジヘ、TYM344」(FINCH ARTS/京都)
「KIRINJI」(Gallery UG/東京)
「ART SESSION by 銀座 蔦屋書店」(銀座 蔦屋書店 店内/東京)
「Chimaera 奇美拉打开的内会通向哪里?」(上海宝龙美术馆/ 上海・中国)
個展「絵とフレーム(窓)」(Artglorieux GALLERY of TOKYO/東京)
2022年
個展「目の絵 2022|menuet 2022」(New Pure +, Chika No Akichi/大阪)
個展「目の絵|menuet, on your screen」(長亭GALLERY/東京)
個展「±image∓」(京都岡崎 蔦屋書店, GALLERY EN ウォール/京都)
若手作家刺激プログラム 「motion#6」(名古屋市民ギャラリー矢田)
「The ghost in the room」(TENSHADAI/京都)
2021年
「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021」(京都文化博物館別館/京都)
個展「I66I」(YEBISU ART LABO GALLERY/愛知)
個展「1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの」(銀座 蔦屋書店, アートウォール/東京)
2020年
ファン・デ・ナゴヤ美術展2020「ここに在るということ」(名古屋市民ギャラリー矢田/愛知)
「SPR」(FINCH ARTS/京都)
個展「□」(1x1/2x2), they-1(FINCH ARTS/京都)
「Rollin' Rollin'」(FINCH ARTS/京都)

展覧会詳細                                     


飯田美穂個展「m, △, 連続体/m, △, continuum」
会期|2023年12月23日(土)~2024年1月9日(火)※2024年1月1日(月)は休廊
時間|11:00~20:00 ※年末年始は時間変更の予定(書店営業時間に準じます)
会場|京都 蔦屋書店 6F ギャラリー
主催|京都 蔦屋書店
入場|無料
お問い合わせ|075-606-4525
特集ページ|https://store.tsite.jp/kyoto/event/t-site/37373-1212061123.html

京都 蔦屋書店


京都 蔦屋書店は、全フロアを通じてアートと文化の「伝統と最先端」が共振する場です。芸術分野を広く取り扱う約6万冊の書籍と、日常のアートピースとなるような文具・工芸品のほか、フロア内に点在するアートスペースでは、注目の現代アート作品を展示。店頭と合わせてECサイトでもご案内いたします。約120席あるSHARE LOUNGEでは、カフェや仕事場、イベントスペースとして、居心地の良い空間を提供します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/58854/700/resize/d58854-700-5aa7730f4b90797d9044-0.jpg ]


住所|〒600-8001 京都府京都市下京区四条通寺町東入⼆丁目御旅町35 京都高島屋S.C.[T8]5・6階
電話番号|075-606-4525
営業時間|10:00~20:00
※6Fシェアラウンジのみ、8:00~22:00
HP|https://store.tsite.jp/kyoto/
X|@KYOTO_TSUTAYA(https://twitter.com/KYOTO_TSUTAYA
Instagram |@kyoto_tsutayabooks (https://www.instagram.com/kyoto_tsutayabooks
Facebook|京都 蔦屋書店(https://www.facebook.com/profile.php?id=100092705685029

TTC LIFESTYLE株式会社


TTC LIFESTYLE株式会社は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、高島屋、東神開発が設立したアート販売における相互チャネルの活用、ライフスタイルコンテンツを提案する店舗の出店・運営を行う合弁会社です。3社の強みである「ライフスタイルや文化の発信・提案」に関わる合弁事業を行うことで、シナジーの最大化を目ざします。また、アート分野の市場開拓に取り組むとともに、魅力的なコンテンツの提案を通じてアートシーンの活性化および、お客様のより豊かなライフスタイルの実現に貢献してまいります。

CCCアートラボ


CCCアートラボは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中で「アートがある生活」の提案をする企画集団です。わたしたちは「アートがある生活」の提案を通じて、アートを身近にし、誰かの人生をより幸せにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。これまで行ってきた、店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、わたしたちだからできるアプローチで企画提案をします。
https://www.ccc-artlab.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください