1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

モバイルペイメント市場、2021年から2026年まで23.8%のCAGRで成長見込み

PR TIMES / 2021年9月3日 16時45分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「モバイル決済市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を9月2日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc999776-mobile-payment-market-global-industry-trends-share.html



市場の概要
モバイルペイメント市場は、2020年に1兆4,340億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は23.8%のCAGRで成長すると予想されています。
モバイルペイメントとは、モバイル機器を使って、規制機関による金融監督下で行われる自動化された支払い方法のことです。モバイルペイメントは、モバイル機器を利用して金銭の取引を承認、開始、確認する電子決済の一形態です。これらのソリューションには、ユーザーの金融資格にリンクされたモバイルアプリケーションの利用が含まれます。お金のやりとりは、POS(Point of Sales)端末と近距離通信を利用することで容易になります。モバイルPOSシステムでは、ユーザーのデータが販売店のPOS端末に保存されないため、決済時の安全性が高まります。また、モバイル決済を利用することで、現金や小切手などの従来の決済方法の煩わしさを最小限に抑えることができます。これらの自動化されたシステムは、ユーザーに利便性とデータの安全性を提供しています。その結果、モバイルペイメントは、外食産業、小売業、エンターテインメントなど、さまざまな業界のさまざまな業務分野で幅広く利用されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/702/resize/d71640-702-cbd7b190fb9369efe41f-0.png ]


ネットワークインフラの改善がモバイルペイメント市場の成長を促進
モバイルペイメント市場は、スマートフォンの普及率の高まりと、世界各地のネットワークインフラの大幅な改善が主な要因となっています。高速インターネット接続が可能になったことで、さまざまな小売店がモバイルベースの支払い方法を設定できるようになりました。これを支えているのは、モバイルベースの決済を利用することで安全性が高まるという認識の高まりです。これらの決済は、ユーザーの口座情報やその他の貴重な情報を保存しないため、非常に安全です。モバイルアプリケーションに口座やカードに関する機密情報を入力すると、銀行はそれを確認し、お客様の個人情報の代わりにトークンを生成します。このトークンには、一度だけ使用できるセキュリティピンが組み込まれており、これを使って支払いを行います。さらに、これらのモバイル決済アプリケーションは、パスコードやバイオメトリック認証方法と統合することで、決済ゲートウェイと個人情報を効率的に保護し、セキュリティの盗難や詐欺の可能性を最小限に抑えることができます。

主要な市場区分
世界のモバイルペイメント市場は、トランザクションモード、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

トランザクションモード別の市場構成
・WAP (ワイヤレスアプリケーションプロトコル)
・NFC (Near Field Communications)
・SMS (ショートメッセージサービス)
・USSD (Unstructured Supplementary Service Data)
・その他
SMS(ショートメッセージサービス)は、市場において明らかに優位性を示しています。これは、簡単で安価な設定が必要なことに起因しています。スマートフォンを持っていなくても、オンラインでもオフラインでも購入できるため、この取引方法は広く普及しています。

アプリケーション別の市場構成
・エンターテインメント
・エネルギーおよびユーティリティ
・ヘルスケア
・小売
・ホスピタリティと交通
・その他
モバイルペイメント市場では、非接触型決済への関心が高まっていることから、小売業が市場シェアの大半を占めています。非接触型決済は、現金を扱う手間を最小限に抑えることができるため、世界的に小売店で広く採用されています。そのため、小売店は顧客にQRコードを表示することで、取引時間の短縮と双方の利便性の向上を図っています。

地域別の市場区分
・アジア太平洋地域
・北アメリカ
・ヨーロッパ
・中近東・アフリカ
・ラテンアメリカ
アジア太平洋地域は、市場でトップの地位を占めています。これは、スマートフォンの普及率が高く、デジタル化が進んでいることに加え、新たなEコマースポータルの出現や各国政府の積極的な取り組みに支えられているためと考えられます。

市場の競合状況
モバイルペイメント市場における主要な企業としては、FIS、Gemalto、MasterCard、PayPal、Alipay、Visa、Apple、Google、Samsung Electronics、Bharti Airtel、American Express、Bank of America、Citrus Payment Solutions、LevelUp、MobiKwik、One97 Communication、Orange、Oxigen、Square、Venmo、ZipCash Card Servicesなどがあります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999776-mobile-payment-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング