電解水(次亜塩素酸)の力で高い除菌・脱臭効果、業務用空間清浄機を発売

PR TIMES / 2013年5月22日 16時4分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、電解水技術でつくる次亜塩素酸の力で高い除菌(※1)・脱臭(※2)効果を発揮する業務用空間清浄機(F-JDJ50)を2013年7月10日より発売します。

▼5月22日リリース「業務用空間清浄機を発売」
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/05/jn130522-1/jn130522-1.html

  
近年、健康意識の高まりとともに、室内の快適環境への関心が高まっています。特に病院や介護施設などの医療機関や、学校、幼稚園など多くの人が集まる場所は衛生管理が重要になっています。

本製品は、電解水技術により食塩水から生成した電解水(次亜塩素酸)を用いて室内の空気をすばやく除菌・脱臭。25m3の空間のウィルスを約8分で99%抑制(※3)、菌を約13分で99%除菌する高い能力を持ち、多くの人が集まる広い空間の除菌・脱臭に適しています。

パナソニックは、本製品により、健康的で快適な室内空間づくりを提案します。

【品名】業務用空間清浄機
【品番】F-JDJ50
【希望小売価格(税込)】399,000円
【発売日】7月10日
【月産台数】1,000台

■特長
1.高いウィルス抑制力と除菌力を発揮
 25m3の空間のウィルスを約8分で99%抑制
 25m3の空間の菌を約13分で99%除菌
2.25m3の空間の臭いを60分で約95%削減する脱臭力
3.医療機関や施設に適した静かな運転音(※4)

※1:
【試験機関】(一財)北里環境科学センター
【試験方法】25m3の試験空間で浮遊菌数の変化を測定
【除菌の方法】空間清浄機(F-JPH60・特定顧客向け)を中ノッチ※5で運転
【試験対象】浮遊した菌
【試験結果】13分後に99%抑制を確認 北生発24_0343_1号
※2:
【試験機関】(社内試験)
【試験方法】25m3の試験室においてタバコを燃焼させ、ガス検知器にて検証
【脱臭の方法】空間清浄機(F-JDJ50)を運転(強)
【脱臭の対象】室内空気
【試験結果】60分でアンモニアは約95%減少(対初期濃度)、酢酸は約95%減少(対初期濃度)
※3:
【試験機関】(一財)北里環境科学センター 
【試験方法】25m3の試験空間で浮遊ウイルス数の変化を測定
【除菌の方法】空間清浄機(F-JPH60)を中ノッチで運転
【試験対象】浮遊したウイルス
【試験結果】8分後に99%抑制を確認 北生発24_0343_2号 
※4:中運転モード時37dB
※5:F-JPH60の中ノッチはF-JDJ50の強ノッチと同等

■お問い合わせ先
エコソリューションズ社 マーケティング本部 住環境商品営業企画部 
電話:03-6218-1131(大代表) 受付(平日のみ)8:50-17:30

▼電気・建築設備エコソリューション
http://panasonic.biz/es/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング