1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

史上初「全国書店フェアアイデアコンテスト」も同時開催 「書店向けWeb商談会2021秋」参加受付開始

PR TIMES / 2021年9月6日 17時45分

出版社・玩具メーカー他128社が出展する書店向けのオンライン商談会。史上初、書店・読者参加型「全国書店フェアアイデアコンテスト」も同時開催。

有志の出版社による書店向けWeb商談会実行委員会は、2021年10月4日(月)~ 10月22日(金)の3週間、書店向けにオンライン上の商談会「書店向けWeb商談会 2021秋」を開催します。2020年6月に業界初として第1回目が開催されて以降、今回で4回目。オンライン商談機能やイベントに加え、史上初となる、書店・読者参加型の「全国書店フェアアイデアコンテスト」も同時開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12505/714/resize/d12505-714-abb54c008f11ad6caa04-0.png ]

人と人とが距離を取らなければならない今、安全を保ちながら、全国の書店員の皆様とお会いしたい。そう考えた有志の出版社が始めた「書店向けWeb商談会」は、おかげさまで4回目を迎えます。従来の商談機能やイベントに加え、今回の目玉は史上初、優れたフェアのアイデアを書店・読者で選ぶ「全国書店 フェアアイデアコンテスト」の開催と、このフェアの一括注文ができる版元横断「合同フェア注文書」です。本を扱うあらゆる書店・小売店の皆様に、ご参加・ご利用いただけます。


書店向けWeb商談会 2021秋 開催概要

◆会期:2021年10月4日(月)~ 10月22日(金)の3週間
※出展社により商談可能日時が異なります。
◆参加受付期間:2021年9月6日(月)~10月22日(金)
※事前参加申込みが必要です。詳しくは特設ページをご覧ください。
◆商談予約方法:日程調整ツール「TimeRex」を使用
◆商談方法:Web会議システム「Zoom」を使用
※一部出展社は別のアプリを使用。
◆参加対象:書店のほか、業態を問わず、本を扱うあらゆる小売店
◆参加方法:下記特設HPよりお申込みください。参加費は無料です。
◆公式HP: https://dms838.wixsite.com/web-shodankai
◆Twitter: https://twitter.com/BooksShodankai
◆YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCf66_vWUCyhZfwk7rFbqVyQ
◆主催:書店大商談会+書店向け Web 商談会実行委員会


[画像2: https://prtimes.jp/i/12505/714/resize/d12505-714-c7b4a52f63a21a53ad87-3.png ]


今回は東京の書店や販売会社で運営するリアル商談会「書店大商談会」実行委員会との共同開催となります。
書店大商談会公式HP: https://www.jpic.or.jp/event/syoudankai/index.html


史上初「全国書店 フェアアイデアコンテスト」書店と読者の投票でグランプリを決定します。


[画像3: https://prtimes.jp/i/12505/714/resize/d12505-714-f0f997c149eb70f7395e-2.jpg ]

「他の書店ではどんなフェアをしているの?」という書店の声からうまれた企画です。日本全国の書店の現場で、一年を通してフェアのアイデアは求められています。書店員が日々工夫しているフェアのアイデアをアーカイブし、シェアすることで、全国の書店にとって役にたつ「書店知恵袋」を実現しようとする史上初の試み。さらには、書店や読者の投票で人気のアイデアをもとに版元横断の合同フェア注文書を作成し、発注作業の簡略化も目指します。すでに全国の書店から、107つものオリジナリティあふれるアイデアをご応募いただきました。中には「啓林堂書店奈良店+奈良女子大書店内書店プロジェクト」と銘打って、書店と大学生が共同で応募したアイデアもあります(下記アイデア例No.105など多数)。すべてのアイデアが特設HPで公開中。投票がこれから始まります。10月末からの「読者週間」など様々な読書キャンペーンにもご活用ください。

巣ごもり生活が長引く今、心の渇きや知識欲など人々の多様なニーズに応えられる「本」の価値が見直されています。全国書店員の知恵を結集し、読者の声をも反映させるこの取り組みが、書店店頭を「新しい視点や多様な価値の発信源」として活性化させ、出版文化の再生に寄与できるかもしれません。本を愛する皆様、どうかこの取り組みにご参加ください。

◆投票期間:2021年9月6日(月)~9月19日(日)
◆投票の有資格者:書店員と一般読者(出版社・販売会社は対象外)
◆投票基準:書店員「このフェアを自店で展開してみたいか」「フェア注文書を欲しいかどうか」
 一般読者「このフェアを地元の書店で展開してほしいか」
◆投票方法:下記コンテスト特設HPを参照
◆グランプリ発表:2021年10月4日(月)※グランプリや優秀作品には図書カードを授与
◆合同フェア注文書受注期間:2021年10月4日(月)~10月31日(日)予定
◆コンテスト特設HP: https://1satsu.jp/fair-idea-contest/
◆Twitter: https://twitter.com/shotenfairidea
◆応募のあったアイデア例:
 No.001 【実録】死にそうな場面から奇跡的に生き残った人の手記フェア
 No.026 出版社社長が選ぶ自社のおススメこの1冊
 No.040 ぼっちたちはどう生きるか
 No.041 地球の(普通じゃない)歩き方
 No.048 美しいタイトルの小説フェア
 No.063 もうすぐ絶版フェア
 No.105 小説家の愛読書

<<参考情報>>
10月末から11月上旬に渡り、様々な読書キャンペーンがあります。今回のコンテストの投票結果から作る「合同フェア注文書」の受注期間は10/4~10/31であり、これらのキャンペーンとの相乗効果が期待できます。書店員の皆様、合同フェア注文書にぜひご期待ください。
◆読書週間(10/27~11/9)
◆本の日(11/1)  https://honnohi.com
◆秋の読者還元祭2021(10/27~11/11)  https://www.n-shoten.jp/campaign.html


無料オンラインイベント(9月6日時点の情報です。HP上で随時更新されます)

※ほとんどのイベントは書店・小売店の方のみを参加対象としています。その場合一般の方は
 ご参加になれませんのでご注意ください。
※事前の参加予約が必要です。開催日時・内容の詳細については公式HPからご確認ください。
https://dms838.wixsite.com/web-shodankai
◆10/3(日)前夜祭 すずきたけしの「書店員お悩み相談会」リターンズ
◆10/4(月)「全国書店フェアアイデアコンテスト」グランプリ作品ほか入賞作発表会
◆10/12(火)書店員必見「アルバイトが初日から客注を受けられるテクニック-書店員が知っておくべき情報ソース-」 講師:すずきたけし(版元ドットコム事務局) ゲスト:本間悠(うなぎBOOKS)、鎌垣英人(楽天ブックスネットワーク株式会社)
◆その他
・飯野和好さん 日本の神話絵本シリーズ 刊行記念オンラインイベント
・なぜ今、「地政学」なのか?―知ってると変わる!お父さんの仕事からこどもの勉強まで!―
・『おすしがすきすぎて』発売記念イベント! 絵本作家 サトシン×田中六大「2人で絵本語りまショー」 学研プラス×ネットギャリー 共催
・お店で絵本原画展をするにはどうしたらいいの?―原画展開催のコツから会期中のイベントまで、くわしく話します!―
・思わず手が伸びる児童書売り場とは !? 1年に絵本300冊を購入するお客さん ふわはねさんにインタビュー!
 など、随時追加予定
[画像4: https://prtimes.jp/i/12505/714/resize/d12505-714-d294863c5f22e0a90db3-4.png ]

◆前回大好評の「出版社担当者による3分プレゼン」は10/4(月)、10/5(火)開催予定
児童書、芸術書、コミック、文芸書、人文書、実用書、ビジネス書、理工書など様々な出版社が、自社商品のおすすめ新刊や企画、商談への呼びかけなど3分間、自由にプレゼンします。事前の参加申し込み必須ですが、特定のジャンルだけに参加・お目当ての出版社のみ参加など、入退出は自由です。その日に参加できなくともYouTubeでアーカイブ配信されるため、作業をしながら見聞きして、気になった商品はその場で注文したり、もっと聞きたい場合は商談予約を入れる、という使い方もされています。


出展社(128社、50音順)

※印のある出展社は複数のジャンルにまたがって表記されています。
一般書 
亜紀書房※、朝倉書店、朝日出版社、飛鳥新社、アスコム、家の光協会、岩波書店、インセクツ、インプレス、ウェッジ※、WAVE出版、英明企画編集、エッセンシャル出版社※、エムディエヌコーポレーション、オフィスサンマルサン※、音楽之友社、化学同人※、笠間書院、河出書房新社※、カンゼン※、木楽舎、くもん出版※、クレヨンハウス※、グラフィック社、K&M企画室、慶應義塾大学出版会、芸術新聞社、玄光社、佼成出版社※、合同出版、駒草出版※、朔北社※、左右社、サンマーク出版※、視覚デザイン研究所※、実務教育出版※、自由国民社、秀和システム、主婦と生活社※、祥伝社、晶文社、書肆侃侃房、JMA・アソシエイツ ステップワークス、新星出版社※、ジー・ビー、ジャパンマシニスト社、ジャムハウス※、スターツ出版※、青弓社、青春出版社、世界文化ブックス※、説話社、竹書房※、タバブックス、食べもの通信社、大和書房※、小さい書房※、中央経済グループパブリッシング、中央出版※、つり人社、デアゴスティーニ・ジャパン、東京書籍、東京創元社、東京美術、東洋館出版社※、東洋経済新報社、名古屋外国語大学出版会、ナナロク社※、西日本出版社、西村書店※、日本文芸社※、農山漁村文化協会、早川書房※、パイ インターナショナル※、万来舎、PHP研究所※、ビーナイス※、双葉社※、ベレ出版、法藏館、北樹出版、堀之内出版、ポプラ社※、マール社、メイツユニバーサルコンテンツ※、山と溪谷社、雷鳥社、ライツ社、ワニブックス

コミック
亜紀書房、一迅社、河出書房新社、駒草出版、主婦と生活社、竹書房、ナナロク社、日本文芸社、双葉社、フレックスコミックス、ぶんか社

児童・学参
亜紀書房、あすなろ書房、イマジネイション・プラス、ウェッジ、エッセンシャル出版社、絵本館、オフィスサンマルサン、おむすび舎、偕成社、化学同人、学研プラス、仮説社、河出書房新社、カンゼン、きじとら出版、金の星社、くもん出版、クレヨンハウス、佼成出版社、交通新聞社、子どもの未来社、小峰書店、朔北社、サンマーク出版、視覚デザイン研究所、実務教育出版、出版ワークス、主婦と生活社、Jリサーチ出版、ジャムハウス、新星出版社、スターツ出版、世界文化ブックス、大日本絵画、大日本図書、大和書房、小さい書房、中央出版、東洋館出版社、ナナロク社、西村書店、ニジノ絵本屋、白泉社、早川書房、パイ インターナショナル、ひさかたチャイルド、ひだまり舎、評論社、BL出版、ビーナイス、フレーベル館、ブロンズ新社、 ベネッセコーポレーション、ポプラ社、PHP研究所、光村図書出版、メイツユニバーサルコンテンツ、横浜アニメーションラボ、ラボ教育センター(ラボ出版)

玩具
くもん出版、コンセル、ジーピー、東洋館出版社、ハナヤマ

サービス・その他 
化学同人(手帳、文具)、カランタ(発注システム)、カーリル(検索サービス)、光和コンピューター(セルフレジ(セルフPOS))、ダイワハイテックス(書店様販促商材・作業効率化商材)、メディアドゥ(書店向きWEBサービス)


実行委員長 三芳寛要(パイ インターナショナル代表)コメント

本商談会はコロナ禍をきっかけに有志の出版社で始めた、書店向けのオンライン商談会です。これまでにご参加された書店員様からは「安全に商談できる」「移動時間や開催場所を問わず参加できて助かる」「多くの新しい出会いがあった」とご好評をいただき、2020年6月から始まり3回に渡って開催、累計400名以上の書店員様が、一度はWeb商談にご参加されたことになります。
(これまでの結果報告: https://dms838.wixsite.com/web-shodankai/report

そして4回目の開催となる今回は、東京の書店や販売会社で運営するリアル商談会「書店大商談会」実行委員会との共同開催となります。今回は残念ながらリアルの商談会は行われませんが、ついに出版社だけでなく、書店・取次店と業界の皆様が一体となってのWeb商談会が実施されることになります。こうした機会を頂けた書店大商談会実行委員長の矢幡様はじめ、書店大商談会の委員の皆様、そしてここに至るまでWeb商談会を支持してくださった書店様や取次店様、出展社の皆様には心から感謝を申し上げます。

会を重ねるたびに新しい試みに挑戦してきた本商談会。今回の目玉は、史上初となる「全国書店フェアアイデアコンテスト」です。日々、書店の現場で生み出される知恵と工夫のたまものである店頭での「フェア」は、その企画力と独自性で新しい気づきや視点を読者にもたらします。そうしたアイデアを全国の書店で共有する「書店知恵袋」の実現を目指し、書店に応募を呼びかけたところ現在107ものアイデアが集まりました。どのフェアを実現して欲しいか、書店のみならず読者にも投票で選んでいただき、グランプリなど上位のアイデアは、実際に店頭でフェアを実現するための出版社横断「合同フェア注文書」を作ります。書店員や読者の皆様にはぜひ投票にご参加いただき、グランプリ発表や書店店頭で実現するフェアを楽しんで欲しいと思います。
(コンテスト特設HP: https://1satsu.jp/fair-idea-contest/

さて、今後はワクチンの接種も進み、リアルの商談会も再開されていくことと思います。そのときにもまだWeb商談会が必要とされ、書店大商談会と共同開催ができるのか、現時点では誰にもわかりません。ですからこのように業界が一体となってWeb商談会を行えるのは、これが最初で最後の機会かもしれないとも思います。だからこそ書店員の皆様、この機会を逃さず、参加にトライしてみませんか? 業界が一体となってピンチをチャンスに変えようとしたこと、読者の皆様の笑顔のためにコロナ禍と戦ったことを、共に歴史に残しましょう! 出展社一同、皆様にオンラインでお会いできることを楽しみに、工夫を凝らしてお待ちしております。


書店向けWeb商談会 実行委員会


[画像5: https://prtimes.jp/i/12505/714/resize/d12505-714-3bd1b3cfbf8f16a9fdb1-5.png ]




書店向けWeb商談会 2021秋 PR動画


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=cP_jZXKjt6A ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング