1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ANTENA 3rd mini Album 「あさやけ」本日発売。フォトグラファー名越啓介氏 撮り下ろしアーティスト写真公開& release tour 『Soluppgång』 開催。

PR TIMES / 2021年4月7日 15時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/22498/719/resize/d22498-719-902654-3.jpg ]


ANTENAの3rd mini ALBUM「あさやけ」が2021年4月7日(水)発売となった。

すでに配信中の「花空」(読み:はなぞら)「未来を待てない」「あいのうた」など全8曲を収録したアルバムをリリース。

乾いた心を打つように、渡辺諒の柔らかくも訴えかけてくるファルセットに良質なメロディラインを乗せANTENAの特徴的なバンドサウンドが溢れる作品となっている。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22498/719/resize/d22498-719-923447-2.jpg ]


CDジャケット、アーティスト写真は、フォトグラファー名越啓介氏が撮り下ろしており、これまでのANTENA作品にはないインパクトを与えいる。また、名越啓介氏本人からコメントも届いている。


<Vo.渡辺諒コメント>

「明けそうで明けない夜を長く過ごしているような感覚を翌朝に連れて行ってくれる愛おしい作品になりました。
一年前とはまるで違う日常を過ごしていく中で、生きていくことは変化の中にいることで、
変化は怖れるものでも鬱陶しいものでもないと感じています。
今だからこそ生まれた曲が詰まっています。
作品に流れるエネルギーをぜひ感じてください。」と語っている。


<フォトグラファー名越啓介氏コメント>

「メンバーの皆さんと初めて出会ったのは昨年の8月でした。
コロナの収束が見込めず、長い夜を過ごす中で、ANTENAさんから繊細さと強靭さを感じ取りました。
そういった二面性を北欧の湖に映る暖かい月の光とイメージカラーの青い冷たい雨で表現しました。」


[画像3: https://prtimes.jp/i/22498/719/resize/d22498-719-119737-0.jpg ]


■フォトグラファー名越啓介氏プロフィール
名越 啓介/(keisuke nagoshi)photographer
1977 年奈良県生まれ。大阪芸術大学卒。19才で単身渡米し、スクワッターと共同生活をしながら撮影。その後アジア各国を巡り、2006年に写真集『EXCUSE ME』を発表。 雑誌やカタログ等で活躍する一方で、その後も写真集『SMOKEY MOUNTAIN』、『CHICANO』、『BLUE FIRE』、 はじめて国内を題材にした『Familia 保見団地』では『写真の会』賞受賞。 2019 年 8 月『バガボンド インド・クンブメーラ 聖者の疾走』をリリース。


【配信】
ANTENA 3rd mni Album 「あさやけ」
linkfire: https://lnk.to/antena_D037


【商品情報】
[画像4: https://prtimes.jp/i/22498/719/resize/d22498-719-410547-1.jpg ]


☆ANTENA 3rd mni Album「あさやけ」 TECB-1014
定価:¥2,300(税抜価格 ¥2,091)

【収録曲】
M1 2020
M2 Jibunmakase
M3 Night Flight
M4 未来を待てない
M5 花空
M6 みんみん
M7 あいのうた
M8 Last Song

☆ANTENAテイチクオンライン限定セット(CD:TECB-1014 / DVD:TEB-103)
・CD:3rd mini Album 「あさやけ」
・LIVE DVD:「ANTENAワンマンライブ ”Liten stad” 渋谷WWW」
テイチクオンライン限定 TEB-102
¥4,000(税込み)

テイチク オンラインショップ
https://teichiku-shop.com/products/detail/TES00013O6

【YouTube】
「あいのうた」MV: https://youtu.be/6DKq8H8tC-U
「花空」MV: https://youtu.be/2ocB04mcgNs
「未来を待てない」MV: https://youtu.be/HNpch92jBjY

【LINKS】
ANTENA OFFICAL WEB SITE : http://antena-official.com/
Twitter: https://twitter.com/antena_sendai
Instagram: https://www.instagram.com/antena.sendai/

【ANTENA KIOSK】
https://antena-kiosk.stores.jp/


【ANTENA 「あさやけ」release tour 『Soluppgång』】
<札幌公演>
日程:2021年5月9日(日)
会場:札幌SPiCE
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
前売:¥3,500

<仙台公演> sold out!
日程:2021年5月11日(火)
会場:仙台 darwin
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
前売:¥3,500

<大阪公演>
日程:2021年5月22日(土)
会場:心斎橋 ANIMA
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
前売:¥3,500

<福岡公演>
日程:2021年5月23日(日)
会場:福岡 Queblick
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
前売:¥3,500

<名古屋公演>
日程:2021年5月30日(日)
会場:新栄APOLLO BASE
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
前売:¥3,500

<東京公演>
日程:2021年6月6日(日)
会場:SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
前売:¥4,500
時間:OPEN 16:30 / START 17:15

<一般発売>
2021年3月27日(土) 10:00~
各プレイガイドにて


【プロフィール】
2011年宮城県仙台市で結成。インディーズ時代に4枚のミニアルバムと5枚のシングルを発表。
2017年10月 1st mini Album「モーンガータ」でメジャーデビュー。同作品は「第10回CDショップ大賞2018」の「東北ブロック賞」を受賞。

2018年4月、Vocal 渡辺諒の療養にともない、バンドは活動休止するも既にレコーディングされていた楽曲「ずっとベイビー」を同年6月にデジタルシングルとしてリリースし、Spotifyのバイラルトップ50(日本)にて初登場1位(2日連続)獲得。同年11月デジタルシングル「深い 深い 青」をリリースし活動再開。

2019年1月2nd mini Album「深い 深い 青」をリリース。リリースツアー「NYTT LANDSKAP」東京、仙台、大阪公演をソールドさせ大盛況となる。同年5月1日、平成時代へのお別れと新たに来る時代への挨拶の気持ちを込め元号が変わるその日にデジタルシングル「ごきげんよう」リリース。同年9月に中国での音楽配信開始を機にバンド表記を「ANTENA」に変更。同年9月25日第2弾デジタルシングル「入道雲」をリリース。同年11月6日アルバム先行シングル「Ephemeral」をリリース。名阪仙の3箇所をまわるツアー「Första resan」を開催。このツアーから会場限定CD「夢 ユメ ゆめ」が発売される。

2020年2月22日に渋谷WWWにて開催されるワンマンライブのチケットは既にソールドアウト。ファーストフルアルバム「風吹く方へ」リリースツアー「Vinden Blåser」(渋谷WWW Xを含む全国5ヶ所)は、コロナ禍の為、開催中止となる。

2020年5月期間限定受注生産シングル「All right, good night」リリース。
同年11月4日 キャリア初となるRemix楽曲「アルコール3% UNIDOTS Remix」を配信。(オリジナル楽曲2017年10月18日リリースしたアルバム「モーンガータ」に収録)
エネルギーを放出するかのように11月18日に新曲「未来を待てない」を配信し、ミュージックビデオを公開。
#アンテナブルーをキーワードにメンバー全員が、ずぶ濡れになりながら演奏している様やボーカル渡辺諒のダンスは必見!

翌週には同曲のRemix「未来を待てない Fickle Night Remix」を配信。
12月16日(水)には、海外エンジニアを起用したRemix楽曲「ラヴ ラヴ ラヴ Mike Jolly Remix」を配信(オリジナル楽曲2nd mini Album「深い 深い 青」(2019.1.23 Release)収録)するなど積極的にRemix楽曲を世に送り出している。

2021年1月には、新曲「花空」を配信。渡辺諒の柔らかくも訴えかけてくるグッドメロディ、澄んだ空気感、キラキラとした音色とたたみかけるように彩るビートとギターソロ、ANTENAらしいバンドサウンドが“エモい”楽曲となっている。

Vocal 渡辺の地声とファルセットの緩やかな境界線を武器に、人間の機微を歌い、脈々と受け継がれてきた邦楽のメロディラインと、今なお鳴り続ける洋楽サウンドテイストを波に乗せる。ANTENAが鳴らすのは、バックグラウンドの邦楽と、進化を続ける洋楽テイストの、“ニューレトロ”というキーワード。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング