『ハリー・ポッター』を抜き、世界最速累計4,000万部の売り上げを記録した大人のファンタジー小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の公式アルバム10/31発売!

PR TIMES / 2012年9月27日 11時18分



EMIクラシックスは、E L ジェイムズのベストセラー小説『フィフティ・シェイズ』三部作に登場するクラシック音楽で、著者が自ら選んだ15曲から成るアルバム『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 公式クラシックアルバム(日本盤)』を2012年10月31日に発売します。

『フィフティ・シェイズ』三部作(『Fifty Shades of Grey』、『Fifty Shades Of Darker』、『Fifty Shades Of Freed』)は、2011年に発売された小説。億万長者の若手起業家が主人公である純真な女子大生をSMの世界へと誘い、その大胆な性的描写が話題に。特に女性のファンが多く、大ヒットを記録。なんと『ダ・ヴィンチ・コード』『ハリー・ポッター』を抜き、世界最速記録で4,000万部を突破(全3部作、電子書籍版も含む)。2012年11月1日には早川書房から第1部の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(上下巻で発売)日本語翻訳版の発売も決定しています。

この小説の中に登場するクラシック音楽を集めたCDが『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 公式クラシックアルバム(日本盤)』です。先行発売されたアメリカでは、iTunesやAMAZONで予約段階から、クラシックチャートの1位を獲得。先週発表された全米アルバムチャートではクラシックアルバムとしては異例となる初登場22位となり、小説の世界観をさらに広げてくれる、読書にかかせないアイテムとして、話題を呼んでいます。
『フィフティ・シェイズ』シリーズの主人公、億万長者の若手起業家クリスティアン・グレイは、クラシック音楽を好んで聴き、ピアノをたしなむ描写が小説の中で何度も登場しており、それらクラシックの名曲たちがこのアルバムに収録されています。

今回のコンピレーション・アルバムについて、E Lジェイムズは「『フィフティ・シェイズ』三部作を執筆中にインスピレーションを受けたクラシック曲がひとつのアルバムとして愛読者のもとに届き、楽しんでもらえると思うと、ワクワクします」と述べています。

EMIクラシックスのバイス・プレジデント、ウェンディ・オンは次のように述べています。
「このプロジェクトでE L ジェイムズおよびランダムハウス出版社と提携できたことを嬉しく思います。『フィフティ・シェイズ』シリーズは本物の文化現象であり、聴衆に、エキサイティングかつ新しい方法で音楽を届けることができます。このシリーズがなかったら、聴衆は時代を超えた魅力を持つこれらの音楽に出会うことがなかったかもしれません」。
日本盤の発売に先んじて、現在、輸入盤やPC/スマホ配信での販売が始まっています

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング