ヒューマンライフケア、東京都の企業への無料介護講師派遣事業を東社協から初受託

PR TIMES / 2018年10月19日 11時40分

介護の担い手確保など目指す

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、介護事業等を展開するヒューマンライフケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:瀬戸口信也、以下「当社」)は、東京都が実施する、介護に精通した講師を企業などに無料で派遣する「平成30年度(2018年度)介護講師派遣事業」を、東京都社会福祉協議会(東社協)から初めて受託しました。10月下旬から講師派遣を開始します。担い手確保を目指す取り組みで、都としても初の事業実施となります。

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/5089/table/721_1.jpg ]



●実施の背景
2025年はいわゆる「団塊世代」が75歳以上を迎える年とされ、介護を必要とする方の増加が見込まれる一方で、都内の介護職員数は、25年度時点で約3万5000人の不足(※1)と推計されるなど、介護をめぐる状況は深刻さを増しています。また、総務省の調査では、介護や看護で離職する人も年間約10万人(※2)に上るとされ、社員の仕事と介護の両立を支援する会社も増えています。
こうした状況を受け当社は、研修を求める企業に対し、講師を派遣する事業を受託しました。当事業の推進により、介護施設における人材確保や、仕事と介護の両立支援に向けた企業ニーズなどに対応してまいります。

●実施の概要
事業では、都内の企業などが、社員に対して介護に関する研修を実施する場合に、介護講師を無料で派遣します。例えば、退職後の仕事として介護職を検討する社員がいる場合は、退職前のシニア層社員を主な受講対象者とし、介護の仕事を紹介する研修を行うことができます。また、実際に介護施設への就職を希望する研修受講者に対しては、就職支援を実施することも可能です。そのほか、企業のニーズによっては、仕事との介護の両立支援に関する研修や、介護予防に関する研修などもラインナップしています。19年1月までに、最大100社の利用を見込んでいます。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/5089/table/721_2.jpg ]



●今後の方針
当社の介護教育事業では、今後も介護に関する社会課題の解決に向け、事業を展開してまいります。

※1 東京都高齢者保健福祉計画(2018年度~20年度)による中位推計
※2 総務省統計局「2017年就業構造基本調査」より引用


■「ヒューマンライフケア」とは
1999年の事業開始以来、全国180事業所(2018年10月1日現在/FC拠点含む)で幅広く介護サービスを展開し、介護事業におけるワンストップソリューションを実現しています。居宅介護支援、訪問介護、小規模多機能ホーム、有料老人ホーム、デイサービス、グループホームなど多岐にわたる介護サービス事業と子育て支援事業を、教育部門である「ヒューマンアカデミー」、人材サービス部門である「ヒューマンリソシア」「ヒューマンタッチ」をはじめとするヒューマングループ各社と強力に連携しながら行っております。心に届く最高のサービスを目指し、一人ひとりのご利用者様に応じたサービスのご提供と、家族の皆様が笑顔で暮らせる環境づくりのお手伝いをしてまいります。

ヒューマンライフケア株式会社 会社概要--------------------------------------
https://human-lifecare.jp
【代表者】 代表取締役 瀬戸口 信也
【所在地】 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア(旧・西新宿木村屋ビル)1階
【設 立】 2010年4月 ※介護事業開始:1999年
【資本金】 1,000万円

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング