ザ・ビートルズのスタジオ・アルバム・リマスターをアナログ盤で全世界リリース!11/14日本発売(輸入国内盤)!

PR TIMES / 2012年10月3日 9時50分



2009年にCD、そして2010年にはiTunes独占のデジタル・ダウンロードでリリースされ、高い評価を得たザ・ビートルズのオリジナル・スタジオ・アルバム・リマスターが2012年11月14日に待望のステレオ・アナログ盤で登場することが決定しました(英国:11月12日、北米は11月13日)。

14作のアルバムは、『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のポスター、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のカットアウト、そして一部のアルバムで用いられた特製のインナー・スリーヴといったディテールも含めオリジナルのアートワークを完全に再現した180g の重量盤でリリースされます。
各アルバムは単体でも発売されますが、全世界5万セット限定の豪華なボックス・エディションには、美麗にデザインされた全252ページのすばらしいハードカヴァー本が同梱される予定です。

ボックス・エディションでしか手に入らないこの本は、受賞経験のあるラジオ・プロデューサー、ケヴィン・ハウレットの執筆になるもので、個々のアルバムを取り上げた章のほかに、リマスターの作成と、アナログ盤が生まれるまでの過程を追ったセクションをフィーチャー。12インチ×12インチの本には、ビートルズの全レコーディング・キャリアをカヴァーした写真がたっぷり掲載され、2009年に出たCDのブックレットには未掲載の写真も数多く含まれています。

今回発売されるタイトルの内訳は、1963年から1970年までの期間にビートルズが発表した12作のUKオリジナル盤と、現在ではグループのコア・カタログに加えられたアメリカ編集の『マジカル・ミステリー・ツアー』、そしてアルバム未収録のA面曲とB面曲、EP収録曲、レアリティーズをフィーチャーした『パスト・マスターズ・ヴォリューム1&2』。
最初のアルバム4作のアナログ・ステレオ盤が北米でリリースされるのは、今回が初めてとなります。

ビートルズのアルバムをアナログ盤で出してほしいという声はつねに高く、現に2011年のアメリカで最大の売り上げを記録したアナログ盤のLPは『アビイ・ロード』でした。
CDのカタチで世界中のチャートを席巻、発売7カ月で1,700万枚というセールスを記録した2009年のCDリマスターの成功を受けて、今回EMIアビイ・ロード・スタジオに集結したサウンドのエキスパートたちが、アナログ盤LPの新たなバージョンを作り出すことになりましたが、アナログ盤のビートルズがこれまで以上に良く聴こえるようにするために行ってきた彼らの懸命な努力が今回のアナログ盤の中に結実しています。
彼らが如何に細部にこだわり、極力妥協を排して作業に臨んだかは、現在EMIミュージック・ジャパンのビートルズのサイト(http://www.emimusic.jp/beatles/special/2012_analog.htm
に掲載されているプレスリリースをご覧いただければ理解していただけることと思います。
そして、リマスターされたLPに耳を傾けてもらえばその努力の成果も実感いただけることでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング