電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」 北米最大のアニメ・マンガイベント「Anime Expo(R)」出展 『モンスター娘のいる日常』の著者・オカヤド氏のサイン会も開催

PR TIMES / 2016年6月8日 11時14分



株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)は、2016年7月1日から4日にかけて米国・ロサンゼルスコンベンションセンターで開催される「Anime Expo 2016(アニメエキスポ)」に、電子書籍販売サービス「BOOK☆WALKER」の海外展開の一つとして出展いたします。

■「BOOK☆WALKER」の海外展開と「Anime Expo 2016(アニメエキスポ)」
「BOOK☆WALKER」は、英訳された書籍を中心にラインナップしたストア( http://global.bookwalker.jp/)を2015年10月にグランドオープンしました。また、同年10月に開催された「New York Comic-Con 2015」への出展や、カナダのブリティッシュコロンビア大学のアニメクラブとの提携など、日本発コンテンツの発信とファン拡大に努めて参りました。
「Anime Expo」は、昨年の来場者が9万人に達した北米最大のアニメ・マンガコンベンションで、日本からも様々なクリエイターやアーティストが参加を予定しています。このたび出展する「Anime Expo 2016」ではパネル(登壇、Q&A)やサイン会を実施し、北米のアニメ・マンガファンに、電子書籍という媒体を介して日本のコンテンツの魅力を伝えて参ります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1227/729/resize/d1227-729-677854-1.jpg ]



■『モンスター娘のいる日常』の著者・オカヤド氏のサイン会 ほかを開催

『モンスター娘のいる日常』は、The New York Timesのマンガランキング(2016年6月5日付)で『ワンパンマン』や『東京喰種トーキョーグール』 を抜いて1位を獲得するほど、北米で大ヒットしている作品です。
「BOOK☆WALKER」では日本語版はもちろん、英訳版についても、いち早く2016年6月1日より配信を開始し、多くのお客様より高い支持をいただいております。
「Anime Expo 2016」では、会場内にBOOK☆WALKER専用ブースを設け、『モンスター娘のいる日常』の著者・オカヤド氏のパネル(登壇、Q&A)やサイン会を実施いたします。
オカヤド氏からはイベントへの参加にあたりコメントをいただきました。
「今回、かのAnime Expoに参戦させていただけるとのことで非常に光栄…というか本当に僕が参戦しちゃっていいんですか? 人違いとかじゃなくて? よりによって僕なの? 色々と大丈夫ですか? と、とにかく参加させていただく以上頑張りますのでよろしくお願いします!」
BOOK☆WALKERでは、これからも海外展開のスピードをあげ、世界中のアニメ・マンガファンへ、電子書籍を通じて日本発コンテンツの面白さと魅力を伝えて参ります。

[画像2: http://prtimes.jp/i/1227/729/resize/d1227-729-965950-2.jpg ]



■オカヤド氏 プロフィール
2011年、アンソロジーコミックス「けもも」2号にオールカラーコミック『モンスター娘のいる日常』を寄稿したことがキッカケで本格的に商業誌進出。
「COMICリュウ」2012年5月号より『モンスター娘のいる日常』連載開始。同年9月にコミックス1巻が発売されると、発売当日朝に重版が決定するほどの大反響を呼ぶ。
現在も同誌にて大人気連載中。
他のコミックスに『12BEAST』(KADOKAWA)がある。

「BOOK☆WALKER」とは:
株式会社KADOKAWA直営の総合電子書籍ストアです。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめとした、さまざまな出版社の人気の電子書籍を、スマートフォン・タブレット端末およびPCにてお楽しみいただけます。今後も作品ラインナップの充実とともに、出版社直営の総合電子書籍ストアとして、新しい読書スタイル、より良いサービスの提供を目指してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング