世界のナノテクノロジー市場[新市場調査レポート]ータイプ別(ナノデバイス、ナノセンサー)、アプリケーション別(電子、化学製造、エネルギー、航空宇宙・防衛、ヘルスケアなど)、地域予測2020-2027年

PR TIMES / 2020年12月29日 16時15分

Kenneth Researchは調査レポート「世界のナノテクノロジー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年12月 29日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346653



[画像: https://prtimes.jp/i/59861/733/resize/d59861-733-280184-0.jpg ]

ナノサイエンスとナノテクノロジーは、生物医学、化学、力学、材料科学などのすべての科学分野にわたって幅広い用途を持つデバイスとナノ粒子の研究です。また、ナノテクノロジーは大きな影響を及ぼし、医療、エネルギー、輸送、材料と製造、消費財など、さまざまな産業分野で革新的で有益なテクノロジーとして機能しました。マクロスケール製品の製造のために分子と原子を正確に操作するという技術的目標を可能にするため、現在は分子ナノテクノロジーとも呼ばれています。

世界のナノテクノロジー市場は2019年に約1165.90 百万米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に10.50%以上の成長率で成長すると予想されています。

また、主要なプレーヤーは、激しい競争の中で自らを維持するために、製品の発売、革新、M&Aなどの戦略に焦点を合わせています。市場の成長は、医療診断および画像処理におけるナノテクノロジーの採用の増加、およびナノテクノロジーデバイスの技術的進歩に起因しています。さらに、政府の支援と研究開発資金の増加、およびセルフパワーのナノテクノロジーデバイスの出現は、市場の成長を促進すると予測されます。

さらに、半導体製造会社は高度な集積回路を製造するために高度な技術を採用しています。さらに、小型化の必要性の高まりと、さまざまな半導体および電子デバイスの性能と設計を改善するための需要は、市場の成長見通しを広げるいくつかの主要な要因です。National Science and Technology Councilによると、2017会計年度のNational Nanotechnology Initiativeの予算案は、米国のナノスケール現象の理解を促進し続けます。

2017年に提案されたNationalNanotechnology Initiative(NNI)のナノテクノロジーインフラストラクチャおよひ研究施設への投資は235 百万米ドルで、2015年のレベルから7%増加しています。ナノテクノロジー活動もまた、NNI予算要求の約10パーセントを占めています。同様に、2012年以降のChinaDailyによると、教育省はナノ研究のために約7500万米ドルを大学に組み入れています。したがって、ナノテクノロジーへの多額の投資は、ラボから市場へのナノテクノロジーの発見の移行を成功裏に促進してきました。

医療診断におけるナノテクノロジーの採用の急増
ナノテクノロジーという用語は、さまざまな業界で広く使用されているナノメートルスケールで実行される一連のテクノロジーを表します。現在開発中のナノテクノロジーベースの診断技術は、早期の病気の検出と即時治療施設などの2つの主要な利点を提供する可能性があります。医療診断の分野では、効率化のためにさまざまなイノベーションが行われています。開発中の脳腫瘍の早期診断方法は、磁性ナノ粒子と核磁気共鳴(NMR)技術を使用しています。

しかし、極端な気象条件でのナノテクデバイスの展開と技術の高コストに関する問題は、2020ー2027年の予測期間中に市場の成長を妨げてると予測されます。

市場セグメンテーション洞察
世界のナノテクノロジー市場は、タイプ別(ナノデバイスおよびナノセンサー)、アプリケーション別(電子、化学製造、エネルギー、航空宇宙および防衛、ヘルスケアなど)および地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

市場主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界のナノテクノロジー市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界のナノテクノロジー市場における業界のリーダーはAltairnano、Applied Nanotechsa、Advanced Nano Products、Bruker Corporation、Biosensors International Inc、eSpin Technology、Imina Technology、Kleindiek Nanotechnik GmbH、Nanonics Imaging Ltd、Thermofisher Scientific Inc.などです。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最高の成長率/ CAGRをで成長すると予測
また、さまざまな国の政府がナノテクノロジーを開発するために企業とパートナーシップを結んでいるため、市場の最も高い成長がヨーロッパで目撃されています。一方、アジア太平洋地域は、2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/nanotechnology-market/10346653

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング