世界の公共安全センサー市場ーサイズ調査、センサータイプ別、アプリケーション別(屋内・屋外のガンショット検出器、落下検出、洪水検出、自動車衝突検出など)および地域別ー予測2020-2027年

PR TIMES / 2021年1月4日 17時45分

Kenneth Researchは調査レポート「世界の公共安全センサー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年01月 04日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346646



[画像: https://prtimes.jp/i/59861/741/resize/d59861-741-104370-0.jpg ]

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の公共安全センサー市場は2019年に約14.6億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に7.10%以上の成長率で成長すると予想されています。

公安センサーは、環境のイベントや変化を検出し、対応する出力を提供するデバイスです。それらは、熱、光、動き、圧力、湿気、その他のエンティティなどの物理的入力を感知し、ディスプレイに出力を生成して応答し、情報を電子形式で送信します。これらのセンサーは、環境監視、交通監視と制御、洪水と水位の監視システム、リモートシステムの監視と機器の障害診断に応用されています。さらに、ユビキタスコンピューティングやモバイルデバイスの最近の進歩により、収益性の高い市場の成長が促進されています。また、主要なプレーヤーは、激しい競争を維持するために、製品の発売、革新、M&Aなどの戦略に焦点を合わせています。

市場の成長は、主要な市場プレーヤーによる研究開発活動への多額の投資と、モノのインターネット(IoT)への社会の焦点によるものです。さらに、Statistaによると、北米のIoT市場は2012年の1,400億米ドルから2018年には3,300億米ドルに成長しました。また、同じ情報源によると、2013年のカナダのIoTユニットの数は2800万でしたが、2018年には1億1400万ユニットに増加しました。インダストリー4.0は主に世界中で採用されています。その主な目的は、モノのインターネット(IOT)を追加して、製造およびビジネスプロセスと、デバイス、センサー、マシン、および人々が相互に統合および通信する機能を自動化することです。

したがって、モノのインターネット(IOT)の採用の増加により、IOT統合サービスおよびソリューションの需要が生み出すと予想されます。インダストリー4.0という名前のこのイニシアチブの主な目的は、ビッグデータ、高度な分析、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどのデジタル技術を活用して、従来の工業生産をIoTに接続することです。 このような要因は、産業部門内の自動化プロセスの効率を高め、それによって世界の公共安全センサー市場の成長を支援します。しかし、デバイスにセンサーを組み込むと、追加の価値が発生し、デバイスの寿命が短くなるため、2020ー2027年の予測期間中の市場の成長が妨げられると予測されます。

市場セグメンテーション洞察
世界の公共安全センサー市場は、センサータイプ別(レベルセンサー、温度センサー、近接センサー、音響波センサー、圧力センサー、湿度センサー、ガスセンサーなど)、アプリケーション別(屋内および屋外のガンショット検出器、落下検出、洪水検出、自動車衝突検出、インフラストラクチャ障害検出器など)および地域別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の公共安全センサー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータと分析などのさまざまなテクノロジーの収束の増加により北米市場成長

北米は、さまざまな国の政府が企業とパートナーシップを結び、公共の場所にそのような技術を導入しているため、主要/重要な地域です。また、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータと分析などのさまざまなテクノロジーの収束の増加も、予測期間中の市場成長を促進する主な要因になると予想されます。一方、アジア太平洋地域は、2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

世界の公共安全センサー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界の公共安全センサー市場における業界のリーダーはAbb Ltd.、Baumer Holding Ag、Fibaro Group S.A.、Infineon Technologies、Keyence Corporation、Rockwell Automation Inc.、Schneider Electric、Sensor Industries、Siemens Ag、Texas Instruments Incorporatedなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/public-safety-sensors-market/10346646

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング