NIKKIE(日本コロムビア所属)公式プロモーションビデオをデジタルハリウッド大学の学生がOJT制作 3月14日よりYoutubeにて公開

PR TIMES / 2014年3月14日 15時27分

デジタルハリウッド大学では、5月21日に自身3枚目のフルアルバム「Pianism」をリリースすることを発表したシンガーソングライター「NIKIIE」のアルバムより、1stリード曲となる「どこまでも」のプロモーションビデオを、産学官協同プログラムとして本学の学生有志が制作、本日よりYoutubeにて公開されます。




 ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学では、5月21日に自身3枚目のフルアルバム「Pianism」をリリースすることを発表したシンガーソングライター「NIKIIE」のアルバムより、1stリード曲となる「どこまでも」のプロモーションビデオを、産学官協同プログラムとして本学の学生有志が制作、本日よりYoutubeにてフル公開されます。
 本学の産学官協同プログラムとは、デジタルハリウッド大学の理念・教育に賛同いただく官公庁や企業などから提供される制作課題を指します。 このプログラムは実際の仕事同様の経験ができる貴重な機会となっています。Webサイトや映像制作、テレビの番組制作など、多くのプロジェクト作品が完成すると、そのままオフィシャルにコンテンツとして使用されます。
 今回は、デジタルハリウッド大学の教授であり、「凶悪」(2013年)、「王様とボク」(2012年)、「鍵泥棒のメソッド」(2012年)等のプロデューサーの赤城聡教授のもと、本作でディレクターを務めたデジタルハリウッド大学3年生の熊谷周太さんと鈴木啓太さんを中心に、14名の学生が有志で集まり、大学の春季休暇を利用し、2014年2月にプロジェクトを発足。その後、撮影・編集作業を経て、今月上旬に無事完成しました。

 ディレクターを務めた熊谷周太さん、鈴木啓太さんをはじめとした今回の主要メンバーは、昨年もテイチクエンタテインメント所属アーティスト「TarO&JirO」の公式プロモーションビデオを制作しており、在学中にして2作品目の作品となります。また、今後も、様々なアーティストのPV制作を行うことが既に決定している本学期待の学生たちです。

 ディレクターの熊谷周太さんは、今回のプロジェクトについて以下のように感想を述べています。
 「今作品に登場した彼女達は、まだ女性というよりも少女といった方が表現としては正しいのかもしれません。彼女達が持つ柔らかさや繊細さ、そして力強さを、このMVから感じとって頂ければ幸いです。今回の制作では、役割を分担しながらも、時にはその役割を越えて納得できるまで議論しました。良いスタッフと共に素晴らしい楽曲のMVを撮れたことを嬉しく思います。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング