「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2014」“CGアニメーション部門”の上映作品・スケジュール、審査員が決定!

PR TIMES / 2014年4月17日 19時5分

~CGアニメーション部門、今年の審査員は荒牧伸志氏、紀里谷和明氏、杉山知之の3名~

デジタルハリウッドでは、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル &アジア2014(略称:SSFF & ASIA)」において、今年も「CGアニメーション部門」を設置、このたび上映作品、スケジュール、審査員が決定しました。
4年目を迎える今年は、31ヵ国より227作品の応募があり、日々進化し続ける様々なCG技術を駆使した俊作22本(11か国)が上映されます。
審査員は映画監督の荒牧伸志さん、紀里谷和明さん、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之3名。
優秀賞は、6月9日(月)に渋谷のAiiA Theater Tokyoにて行われるアワードセレモニーにて発表され、賞金60万円が授与されます。



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社では、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル &アジア2014(略称:SSFF & ASIA)」において、今年も「CGアニメーション部門」を設置、このたび上映作品、スケジュール、審査員が決定しました。

 「CGアニメーション部門」は、世界トップレベルのCG作品を国内に紹介するとともに、日本から世界基準のCGクリエイターを発信していくことを目指し展開しています。4年目を迎える今年は、31ヵ国より227作品の応募があり、日々進化し続ける様々なCG技術を駆使した俊作22本(11か国)が上映されます。技術面だけでなくストーリー性や、エンターテイメント性においても優れた作品ばかり。大人から子供まで楽しめるラインナップとなっています。

 注目は、日本作品として『九十九』がノミネートされ話題を呼んだ今年度の米国アカデミー賞アニメーション部門で受賞を果たした『ミスター・ウブロ』。レトロと近未来が入り混じっている世界観を表現するCG技術とともに、秀逸な物語を体験できます。また、デジタルハリウッドが主催するクリエイティブアワード「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2014」で準グランプリを受賞した『赤い糸』など才能溢れるCGクリエイターたちの新作にご期待ください。CGだからこそ表現できる、世界基準のダイナミックでファンタジックな映画の世界をお楽しみいただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング