好評既刊『大坊珈琲店』に続編が登場!! 閉店から5年、今も愛され続ける大坊珈琲店を、店主が振り返り綴ったエッセイ集。焙煎や抽出方法も詳細に解説!

PR TIMES / 2019年5月9日 10時40分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年5月14日(火)に、『大坊珈琲店のマニュアル』を刊行いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/755/resize/d12109-755-966646-0.jpg ]

2013年の12月に閉店するまでの38年間、自家焙煎とネルドリップというスタイルを変えずに
一杯ずつ丁寧にコーヒーを作り続けた「大坊珈琲店」。


閉店から5年という月日が経ってもなお惜しむ声が絶えず、伝説の珈琲店としてその存在感は増しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/755/resize/d12109-755-381463-1.jpg ]

本書は、店主の大坊勝次が大坊珈琲店での日々を振り返り、心掛けていたことをまとめたエッセイ集。

前半にはコーヒーやお店に対する考え方が、後半には大坊さんが好んで使っていた器や店内に掛けていた絵の作家について、独自の視点で綴られています。

青山という場所柄、年齢も職種もさまざまな人々が通い、憩いの場所として愛された大坊珈琲店。
本書に綴られた店主の思いや感性から、その理由を探っていただける一冊です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/755/resize/d12109-755-370163-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/755/resize/d12109-755-784708-3.jpg ]


【構成内容】
閉店
焙煎・抽出・テイスティング
珈琲屋になるまで
心掛けていたこと
キムホノ陶
私の平野遼
塩崎貞夫の鎮魂

【著者プロフィール】
大坊 勝次(だいぼう・かつじ)
1949年岩手県盛岡生まれ。南青山にあった珈琲店「大坊珈琲店」店主。1975年の開店以来、自家焙煎、ネルドリップというスタイルも内装も変えずに営んできたが、2013年12月にビルの取り壊しにより、惜しまれつつ閉店した。その後も全国各地で手廻し焙煎やネルドリップのレクチャー、出張珈琲店を行っている。

【書籍概要】
書 名:大坊珈琲店のマニュアル
著 者:大坊 勝次
仕 様:A5変判、256ページ
定 価:本体2,800円+税
配本日:2019年5月14日(火)
ISBN:978-4-416-51773-4

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416517734
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/15772696/?l-id=search-c-item-img-01
ヨドバシ.com: https://www.yodobashi.com/product/100000009003088544/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4416517734/
honto: https://honto.jp/netstore/pd-book_29465976.html
オムニ7: https://7net.omni7.jp/detail/1106981197

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング