松任谷由実、40周年に金字塔 前人未踏の"5年代連続首位"、ソロ歌手史上初のアルバム総売上3,000万枚突破

PR TIMES / 2012年11月27日 17時55分



松任谷由実のデビュー40周年記念ベストアルバム 「日本の恋と、ユーミンと。」(2012年11月20日発売)が発売初週で33.6万枚を売り上げ、12/3付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:11/19~11/25)で首位に初登場したことが発表されました。

2001/12/3付のバラードベストアルバム『sweet,bitter sweet YUMING BALLAD BEST』(2001年11月発売)以来、シングル・アルバムを通じ11年ぶりの首位獲得になります。

また、松任谷由実は、LP『YUMING BRAND』(1976年6月発売)、『14番目の月』(1976年11月発売)の計2作で首位を獲得した70年代から、LP『昨晩お会いしましょう』(1981年11月発売)など計10作で首位の80年代、CDアルバム『THE DANCING SUN』(1994年11月発売)など計8作で首位の90年代、前出の『sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST』の1作で首位の00年代まで4年代連続でアルバム首位を獲得。今回の5年代連続首位はシングルを含め前人未到の快挙で、アルバムは徳永英明・桑田佳祐・山下達郎(3人とも80年代-10年代)が記録した4年代連続首位を塗り替えました。また、58歳10ヵ月でのアルバム首位は女性アーティスト最年長記録で、竹内まりやが2008/10/27付『Expressions』で記録した53歳7ヵ月を更新しています。

さらに、今作ではソロアーティスト並びに女性アーティストとして史上初のアルバム総売上3,000万枚突破を達成しました。女性アーティスト史上最多となる「通算9作のアルバムミリオン」「通算22作目のアルバム首位」と、ヒット作を送り出してきた松任谷由実のランクイン・アルバム計58作の総売上枚数は今週付で3,015.4万枚となっています。

「日本の恋と、ユーミンと。」は、1972年7月のデビュー以来、“ユーミン”の愛称で親しまれ、J-POPシーンの女性トップランナーとして駆け抜けてきた、松任谷由実の40周年記念ベスト。「卒業写真」「あの日にかえりたい」「恋人がサンタクロース」「春よ、来い」「真夏の夜の夢」「守ってあげたい」など、荒井由実時代のナンバーから近年の楽曲までの全375曲の中から厳選された45曲と、スペシャルトラックとして、13歳の時に聴いて作曲を始めるきっかけとなった英ロックバンド、プロコル・ハルムの歴史的名曲「青い影」(1967年)を、ロンドン アビーロードスタジオでプロコル・ハルムのメンバーと共演し収録した全46曲を3枚組で収録しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング