1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

セキュリティイベント「Canon Security Days 2021」を11月15日(月)~26日(金)に開催 ~生まれ変わる新時代 ワークスタイルの多様化を支えるセキュリティ~

PR TIMES / 2021年10月15日 13時45分

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:足立正親、以下キヤノンMJ)は、セキュリティイベント「Canon Security Days 2021」を、2021年11月15日(月)~26日(金)の2週間にわたりオンラインで開催します。「生まれ変わる新時代 ワークスタイルの多様化を支えるセキュリティ」をテーマに、有識者が最新のサイバーセキュリティ動向や企業が備えるべき対策、あるべきセキュリティの考え方について解説します。



[画像: https://prtimes.jp/i/13943/770/resize/d13943-770-fcebda2c45bb62b8773c-0.jpg ]

https://cweb.canon.jp/it-sec/lp/csd2021/

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により多くの企業で出社が制限されることで、テレワークやリモート会議などの新しいワークスタイルがより一層定着しています。それに伴い、社内システムのクラウド化も拡大傾向にあります。キヤノンMJが2021年4月に実施した調査*によると、テレワークの実施や、セキュリティ事件・事故に関する報道や不審なメールなどの脅威に接する機会の増加により、調査回答者の4割以上が「情報セキュリティに関する意識が高まった」と回答しています。サイバー攻撃が身近なものとなったこれからの時代では、より一層の安心・安全なセキュリティ対策が求められています。
このたびキヤノンMJは、「生まれ変わる新時代 ワークスタイルの多様化を支えるセキュリティ」をテーマに、オンラインセミナーとバーチャル展示コーナーを設けたセキュリティイベント「Canon Security Days 2021」を2021年11月15日(月)~26日(金)の2週間にわたり開催します。
オンラインセミナーでは、内閣サイバーセキュリティセンターの吉川徹志氏やセキュリティ専門家の川口洋氏による基調講演や、著名なセキュリティリサーチャーによるパネルディスカッションを実施します。また、セキュリティベンダーとしてのキヤノンMJの今後の展望や、ビジネスパートナーやセキュリティエバンジェリストより、サイバーセキュリティの最新動向や、ワークスタイルが多様化する中で必要とされるセキュリティ対策を講演します。
バーチャル展示コーナーでは、お客さまの関心が高い「エンドポイントセキュリティ」「働き方を支えるセキュリティ」「企業経営を支えるセキュリティ」の3つのテーマに関するブースを設け、これからの時代に必要となるセキュリティ対策に役立つ情報を紹介します。

* キヤノンMJ サイバーセキュリティ情報局「情報セキュリティ意識に関する実態調査レポート2021」より
https://eset-info.canon-its.jp/malware_info/special/detail/210708.html



Canon Security Days2021 運営事務局: https://forum1.canon.jp/public/application/add/1414



Canon Security Days 2021 ホームページ: https://cweb.canon.jp/it-sec/lp/csd2021/


<「Canon Security Days 2021」の主な内容>
■ サイバーセキュリティの有識者がオンラインセミナーに多数登壇
ワークスタイルの多様化を支えるセキュリティの最新トレンドや、次世代に求められる対策について講演します。スペシャルセッションでは、内閣サイバーセキュリティセンターの吉川徹志氏やセキュリティ専門家の川口洋氏による基調講演や、著名なセキュリティリサーチャーによるパネルディスカッションを実施します。講演プログラムでは、セキュリティベンダーとしてのキヤノンMJの今後の展望や、ビジネスパートナーやセキュリティエバンジェリストなどの専門家より、事例を交えたサイバーセキュリティの最新動向やワークスタイルが多様化する中で必要とされるセキュリティ対策などを解説します。

■ バーチャル展示コーナーにて規模やニーズに応じたセキュリティ対策情報を紹介
お客さまの関心が高い「エンドポイントセキュリティ」「働き方を支えるセキュリティ」「企業経営を支えるセキュリティ」をテーマとした3つのブースにおいて、お客さまのセキュリティ課題のニーズに応えるセキュリティ対策に役立つ情報を紹介します。

<エンドポイントセキュリティ>
エンドポイントセキュリティはウイルス対策だけでなく、高度化する攻撃への対策やテレワークがもたらす思わぬ情報漏えいなど多岐にわたる対策が一層重要となっています。
本ブースでは、エンドポイントを包括的に守り、クラウドでの統合管理が可能な「ESET PROTECTソリューション」を中心にエンドポイントの対策について紹介します。

<働き方を支えるセキュリティ>
深刻化するサイバー攻撃から身を守るには、ツールの導入などにより被害を未然に防ぐ のはもちろん、万が一攻撃を受けてしまった場合の迅速な対処、現状復旧も欠かせません。
本ブースでは、中小企業向けの事前と事後の対策をトータルに考えたセキュリティ対策の新スタンダード「5つの備え」を紹介します。

<企業経営を支えるセキュリティ>
経営者はIT活用を推進する中でセキュリティリスクを認識し、対策を推進することが求められています。
本ブースでは、最新のサイバー脅威動向とともに、標的型攻撃対策、情報漏えい対策のソリューションを紹介します。有識者によるスペシャル対談も配信予定です。

■ パートナー企業ESET社による世界の脅威事例とESETの技術・戦略を紹介
キヤノンMJが国内総販売代理店を務める、エンドポイントセキュリティ対策製品の開発元であるESET社より講演を行います。世界の最新のサイバーセキュリティの脅威動向について事例を交えて解説するほか、ESET社の研究開発や新技術への取り組みなどを紹介します。
ESET社は、未知の脅威を検出するプロアクティブなマルウェア検出技術「ヒューリスティック技術」を業界に先駆けて製品に実装し、30年間にわたる研究開発により「多層防御機能」の強化を重ね、さまざまな脅威からユーザーのデバイスを守り続けています。
2018年9月には、ESET社とキヤノンMJが合弁会社としてイーセットジャパン株式会社を設立し、日本国内の顧客ニーズを製品開発に反映する一方でブランドマーケティングの推進も行っています。
本イベントにはイーセットジャパンが協賛出展し、バーチャル展示コーナーにおいてESET社の最新のソリューションや技術を紹介します。

<「Canon Security Days 2021」開催概要>

[表: https://prtimes.jp/data/corp/13943/table/770_1_4afa90db0514a2b541d7b8d6c731d483.jpg ]


※1 競合他社さま、個人の方のご参加はお断りさせていただいております。
※2 スピーカー、講演内容、展示内容は状況により予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

* ESETは、ESET, spol. s r.o.の登録商標です。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング